「TVで『局部露出』を連発」アウト?セーフ? TBS「お笑い謝肉祭」がBPO審議対象

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)は2016年10月25日に開いた青少年委員会で、TBSが10月9日に放送したバラエティー番組「オール芸人お笑い謝肉祭」を審議対象にすることを決めたと発表した。

   番組は、芸人をはじめとする出演者が体を張って時には局部を露出するという内容で、視聴者からは「『裸になれば笑いがとれる』という低俗な発想が許しがたい」といった声が出たという。

  • TBSのバラエティー番組が放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会で審議入りすることが決まった
    TBSのバラエティー番組が放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会で審議入りすることが決まった

画面上では見えないように処理されたが...

   番組は、40人の芸人が熱海で1泊2日のクイズとゲームの旅をするという趣向で、そのうち「大声厳禁 サイレント風呂」「心臓破りのぬるぬる坂クイズ」の2コーナーが問題になった。番組は18時30分から21時54分にかけて放送された。

   「サイレント風呂」は、4人1組で温泉に静かに入浴し、(1)体を洗う場所で椅子が壊れる(2)シャンプーが異臭を放つ(3)突然窓が開いて冷水をかけられる、といったトラップの中でもいかに声を出さないかを競う。とりわけ問題になったとみられるのが、番組内で「チ○○に塗るナゾの薬」として紹介された4つのトラップだ。体格のいい男性が芸人の体を洗おうと接近し、腰に巻いたタオルの中に手を突っ込み、局部に何らかの薬品を塗りこんだ。その後、芸人は「あーっ!」っと局部を抑えて座り込み、シャワーで局部についた薬品を懸命に洗い流す様子が放送された。

   「ぬるぬる坂クイズ」は、4択クイズが出題され、ローションまみれの階段状の坂を駆け上り、頂上にある4つの扉から正解を選ぶというもの。坂の途中でパネルが飛び出して落下したり、後ろにいる参加者から下着をつかまれて局部が露出したりする場面が続出。テレビの画面上では見えないように処理されたが、男女問わず、複数の芸人が局部や肛門を露出させながらヌルヌルの坂を登った。この場面に、司会の石橋貴明さん(55)は、

「日本のテレビはまだいけます」

と、ご満悦だった。

「委員会としてこれまで何回も指摘していることが理解されていない」

   BPOの発表によると、視聴者からは

「内容が下品だ。子どもに説明できないような番組はやめてほしい」
「裸になれば笑いがとれる、という低俗な発想が許しがたい」

といった声が寄せられ、BPOの青少年委員会でも

「委員会としてこれまで何回も指摘していることが理解されていない。どのような経緯で放送に至ったのかなど確認したい」

といった声が出たという。

   TBSテレビ広報部は

「BPO青少年委員会の審議入りを重く受け止め、今後の審議に真摯に協力してまいります。一方で、社内調査でも独自に検証を進めてまいります」

とするコメントを出した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中