「ウルトラ怪獣」美術監督・池谷仙克さん死去 個性的で温かみのあるデザイン

印刷

   人気特撮作品『ウルトラマン』シリーズの怪獣デザインを手掛けた、美術監督の池谷仙克(いけや・のりよし)さんが2016年10月25日、がんで亡くなった。76歳だった。池谷さんが所属していた「池谷事務所」が27日のJ-CASTニュースの取材に明かした。

   『ウルトラセブン』や『帰ってきたウルトラマン』の特殊美術チーフを担当し、「ツインテール」「タッコング」「グドン」といった個性的なウルトラ怪獣を何体も生み出した。

  • 池谷さんは『ウルトラマン』『ウルトラセブン』に深く関わった(画像は6月10日編集部撮影)
    池谷さんは『ウルトラマン』『ウルトラセブン』に深く関わった(画像は6月10日編集部撮影)

日本アカデミー賞2度受賞

   東京都八王子市に1940年に生まれた。1966年に武蔵野美術大学を卒業後、円谷プロに入社。同年放送の『ウルトラマン』で特殊美術助手を務めた後、67年の『ウルトラセブン』後期(31話から)でチーフデザイナーとなった。68年に退社したが、その後も『帰ってきたウルトラマン』『君待てども』など円谷プロ作品の美術監督を務めた。

   円谷プロ退社後は一般映画の美術も手掛け、鈴木清純氏や故・寺山修司氏の監督作品に参加した。1993年公開の『写楽』(篠田正浩監督)、98年公開の『瀬戸内ムーンライトセレナーデ』(同)で日本アカデミー賞最優秀美術監督賞を2度受賞している。

   「池谷事務所」の代表取締役社長の岡本史雄さんは27日の取材に、

「池谷といえば『怪獣』で有名でしたが、最近は一般映画に注力していました。今年(16年)9月の頭まで作品制作に携わるなど元気な姿を見せていましたので、ただただ驚いています」

と突然の訃報を惜しんだ。通夜・葬儀は既に近親者のみの家族葬でとり行われ、近々に一般のファンも対象とした「お別れの会」を開く予定だという。場所や日時は未定。

ツインテール、タッコング、バキュミラー、グドン

   池谷さんの訃報については、『ウルトラセブン』で友里アンヌ役を務めた女優のひし美ゆり子さん(69)が25日夜のブログで伝えていたため、すでにネット上では特撮ファンを中心に悲しみの声が広がっている。ツイッターやネット掲示板には、

「素晴らしい怪獣デザインの数々をありがとうございました。ツインテールは初見から今に至るまで脳裏に焼き付いています」
「(池谷)氏のデザインした怪獣宇宙人に魅了された者として深い悲しみに包まれています」
「池谷先生の怪獣はどれも温かみのあるデザインで昔から大好きだった」

などといったコメントが数多く出ている。

   さらに、ツイッター上ではハッシュタグ「好きな池谷怪獣宇宙人」も拡散されており、「そりゃもうバキュミラーでしょ」「タッコングは衝撃だったなあ」「グドンとアーストロン」などと、池谷さんが手掛けた怪獣や宇宙人の姿を懐かしむファンも出ていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中