竹達彩奈、「大食い」ツイートに群がるファン 何がそんなに気になるのか

印刷

   人気声優の竹達彩奈さん(27)がツイッターで、お腹が減ったとつぶやいた後に、「みんなはなにを食べるんですか~??」と聞いたところ、「もちろん牛丼でございまッス」などとリプライが殺到した。

   竹達さんといえば大食漢として知られ、時々太ってしまうためファンから「でぶにゃん」「カロリークイーン」などと呼ばれている。食べ物の話題になるとファンは敏感になり、今回のように話題が集中する。

  • ファンはいつも太ることを心配している(写真は竹達さんのツイッターのスクリーンショット)
    ファンはいつも太ることを心配している(写真は竹達さんのツイッターのスクリーンショット)

「お腹減ったなあ! お昼ご飯はなにを食べよう」

   竹達さんは2009年の大ヒットテレビアニメ「けいおん!」の中野梓役で大ブレーク以来、声優としてだけでなく歌や写真集を出すなど大忙しだ。一方、大食漢で知られ、時々太ってしまう。ツイッターには大量の料理や大盛りのスナックなどを写真をアップしペロリと食べたと報告すると「また太るのか?」とファンから悲鳴が上がる。食べ物とは関係ない話で、

「寝返りを打てなかったためか体が痛い」

とつぶやいただけで、

「竹達彩奈さん、太りすぎて寝返りが打てない体に」

と話題になったりする。13年からは牛丼チェーン「吉野家」のイメージキャラクターになり、CMに起用されている。14年6月22日のワンマンライブでは、吉野家から牛丼が60人分入った丼がプレゼントされ、壇上で食べた。16年8月からは、おやつカンパニーの「ベビースターラーメン」のCMにも登場している。

   そんな竹達さんが16年10月24日にツイッターで、

「お腹減ったなあ! お昼ご飯はなにを食べよう。 みんなはなにを食べるんですか~??」

とつぶやいたところ、「君を食べたい」「ハヤシライス!」「ほか弁」「ウチは親子丼食べたよ~」「まぜそば食べました」「もちろん牛丼でございまッス」「カロリーメイトだけ」「ポップコーン食べながら『君の名は』をこれから観ますw」「僕のお昼ごはんは彩奈だよ...なんて!」などとリプライが殺到し、28日までにその数が200を超えた。ファンがいかに食べ物に敏感になっているのかが分かる。さらに、27日のツイッターもとんでもない事態となった。

写真加工疑惑に「失礼しちゃうんだから!もうもうっ!」

   この日はアフレコの仕事があったのだろう、スタジオに向かったのだが初めて行く場所だったため辿り付けるのか不安だった。結局は無事に着くことができたが早く着きすぎてしまった。竹達さんは、

「近くでお茶でもしよう...」

とつぶやいた。ファンからは、真面目でいい、喫茶店でリラックスしましょう、などと応援のリプライが寄せられたが、竹達さんはその後、ツイッターで、

「お茶しよ、とか書いてたくせに結局ハンバーグ食べちゃった...! ハンバーーーーーグ!!!!」

と明かしたため、ツイッターは、

「ハンバーグは飲み物か...」
    「師匠ォォォオオオッ!!!

などとちょっとした騒ぎになった。

   そんな竹達さんだが、最近、痩せているように見えるようフォトショップで写真を加工しているのではないか、という疑惑が持ち上がっている。パシフィコ横浜国立大ホールであったラジオ番組のイベントで、一緒に出演した声優との集合写真を23日にツイッターで公開した。しかし、他の出演声優が公開した写真に比べると、竹達さんの写真は体型が明らかに違っていたため、お腹がくびれて見えるように加工したのではないか、というものだ。竹達さんはこれについて翌日の24日、写したカメラの角度の問題だと反論し、

「失礼しちゃうんだから!もうもうっ!」

とつぶやいていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中