渋谷ハロウィン「不発」にテレビ局も空振り 金曜夜、冷たい雨の中待ちぼうけの人たち

印刷

   今年も、ハロウィンで渋谷は大混乱――という「絵」を期待していた人々は、「初日」は空振りを食う形となった。

   2016年10月28日、金曜日夜の渋谷駅前。冷たい雨が降る繁華街には、天候の影響か、例年のようなコスプレ姿の人々はあまり見られず。警察官、取材に訪れたテレビ局などが、手持無沙汰に過ごす姿ばかりが目立った。

  • 28日、平常運転の渋谷駅前・スクランブル交差点。手前に、民放クルーの姿が見える
    28日、平常運転の渋谷駅前・スクランブル交差点。手前に、民放クルーの姿が見える
  • 2015年10月30日のハチ公前広場。コスプレ姿の若者で埋まる
    2015年10月30日のハチ公前広場。コスプレ姿の若者で埋まる
  • NHKの取材班の姿も
    NHKの取材班の姿も
  • ごく少数ながら見かけたコスプレ集団
    ごく少数ながら見かけたコスプレ集団
  • 渋谷駅構内のトイレには「着替え禁止」の貼り紙
    渋谷駅構内のトイレには「着替え禁止」の貼り紙
  • ハロウィン仕様のゴミ袋もスカスカのまま
    ハロウィン仕様のゴミ袋もスカスカのまま

すっかり浮いてるコスプレ男女

   近年、10月31日のハロウィン前後には、渋谷駅周辺に多くの人々がコスプレ姿で集まり、世間の注目を集めている。2016年は31日が月曜日のため、週末の28日~30日も含め、前年以上の群衆が駅前に押し寄せることが予想されていた。

   そして迎えた、「初日」の28日夜。例年、盛り上がりの中心となっている、ハチ公前広場を記者は訪れた。2015年の取材時には、ゾンビやナース、マリオなどに扮した若者たちで、辺りは埋め尽くされていたのだが......。1、2組ほどの仮装グループがいるほかは、まったく普段通りの渋谷だ。

   センター街方面まで足を延ばしてみると、ドラキュラマントを羽織った男性や、SWATの制服を着た男女、全身タイツのスパイダーマンなどが、ちらほらと歩いている。だが、それもごくごく少数。街行く人の5%にも満たない印象だ。昨年には道行く人から、

「普通の格好でいるのが恥ずかしくなってきた」

という声も聞かれたが、今年は仮装組の方がすっかり浮いている状況である。

   ゴミ対策のため集まっていた清掃ボランティアの皆さんも、出番がないまま雨の街角に立っている。この日のために用意されたジャックランタンのゴミ袋も、スカスカのままだ。

NHK「ようやく、それらしい人が...」

   なにしろ、この日は昼からの雨だ。おまけに気温も、21~22時ごろには11度近くまで冷え込んでいた。例年なら、かなり露出度の高い衣装を着た女性も少なくなく、それを目当てにした男性陣もうろうろしていたが、今年は、コスプレ姿の女性もその上に防寒着を羽織ってしまい、いかにも寒そうな表情を浮かべていた。自然、それをターゲットにしたナンパ集団も、28日にはほとんど見かけなかった。

   テレビ局なども、この予想外の状況に戸惑った様子だった。

   NHKでは夕方にはすでに生中継クルーを現場に出していたものの、カメラにはコスプレ姿の人々がほとんど映らずじまい。21時の「ニュースウォッチ9」でも、

「夜になっても、仮装姿の人はなかなか見つかりませんでした」(ナレーション)
「ようやく、それらしい人がいましたね」(現場レポーター)

と、明らかに当てが外れた、というムードだ。

   22時過ぎの時点でも、まだNHKの取材陣はセンター街入口に陣取っていたものの、腕組みをしながら、雑踏を眺めているばかりだった。

   「2日目」となる29日夜は果たして......。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中