広島・黒田博樹の背番号「15」、永久欠番に 山本浩二、衣笠祥雄に続く球団3例目

印刷

   プロ野球・広島東洋カープが、2016年シーズン限りで現役を引退した黒田博樹投手(41)の背番号「15」を永久欠番にすることを決めた。NHKなど複数のメディアが10月30日夜から31日朝にかけて報じた。

   日米通算203勝(プロ野球124勝、大リーグ79勝)を挙げた黒田投手。1996年にドラフト2位で広島に入団して以降、2007年オフに米大リーグへ移籍するまで11年間「15」の番号を背負った。

   14年オフにはメジャー球団からの高額オファーを断り、古巣・広島に「男気」復帰。8年ぶりに背番号「15」を着けた。今季には野茂英雄氏に次ぐ2人目の日米通算200勝を達成するなど、広島の25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

   広島では山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続く、3例目の永久欠番となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中