大川小訴訟、宮城県と石巻市が仙台高裁に控訴へ

印刷

   東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族らが市と県に損害賠償を求めた訴訟で、宮城県と2016年10月31日、学校側の過失を認める仙台地裁判決を不服として、仙台高裁に控訴する方針を決めた。石巻市も30日の臨時市議会で控訴を賛成多数で承認しており、県が同調する形となった。

   村井嘉浩知事は31日の記者会見で「県の主張が受け入れられない部分があった」と控訴の理由を説明した。

   仙台地裁は9月26日の判決で、「教員らは津波襲来の7分前に危険性を具体的に予見したのに、安全な裏山でなく不適当な場所へ避難しようとした」と学校側の過失を認め、計14億円の支払いを市と県に命じている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中