パナソニックプラズマディスプレイが解散 負債額5000億円、製造業で過去最大の倒産

印刷

   帝国データバンクは2016年10月31日、14年3月に事業を停止していたパナソニックプラズマディスプレイについて、親会社のパナソニックが同日開いた取締役会で解散を決議し、11月1日に大阪地裁へ特別清算を申請する予定だと報じた。

   同社は00年7月に設立され、プラズマディスプレイのほか、プラズマテレビ、その他関連部品製品の製造を手がけパナソニックに販売していた。帝国データバンクによれば、09年3月期の年間売上高は約3137億1400万円を計上していたが、競争の激化と市場価格の大幅下落などによった14年3月期は年売上高約202億円まで減少し、14年3月末をもち事業活動を停止した。同社の工場資産などの処分を進め、それが完了したことで解散が決まった。負債は親会社のパナソニックに対して約5000億円。エルピーダメモリの4480億3300万円を上回って製造業の倒産では過去最大になった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中