「西郷どん」に鈴木亮平決定 ネットでダントツ期待

印刷

   NHKの2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主演が、俳優の鈴木亮平さん(33)に決まった。幕末から明治初期にかけて活躍した西郷隆盛の役を演じる。

   約2か月前、NHKが「西郷どん」制作発表をした際には、主演は未定。直前には主演をめぐり、鈴木さん以外の俳優への「内定」報道も出るなど情報が錯綜し、「主演は誰か」に関心が集まっていた。一方、ネットでは鈴木さんは有力候補筆頭に名前が挙がっていた。

  • 西郷隆盛役に決定した鈴木さん(写真は2016年4月撮影)
    西郷隆盛役に決定した鈴木さん(写真は2016年4月撮影)

一時は「堤真一に内定」報道も

   NHKは2016年11月2日午前、「西郷どん」の主演が鈴木亮平さんに決まったと発表した。鈴木さんは、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)でヒロインの夫役を演じた。映画「HK 変態仮面」(2013年)の主役も務めている。大河ドラマへの出演は初めてだ。

   「西郷どん」の制作発表は16年9月8日にあった。しかし、その段階では主演は未定。直前の3日には、スポーツニッポン(電子版スポニチアネックス)が、堤真一さん(52)が18年NHK大河で西郷隆盛役の主演に「内定したことが分かった」と報じたが、その後に他のスポーツ紙が、堤さんが大河主演を断ったと伝え、情報が混乱していた。

   J-CASTニュースは制作発表翌日の9日、発表内容を伝えるとともに、堤さんの所属事務所が、NHKからオファーは受けたが「お受けしておらず、お断りしました」と取材に回答したことなどを伝えた。さらに、ツイッターや2ちゃんねるなどネット上での主演予想も報じ、その筆頭として

「『花子とアン』にも出演した鈴木亮平さんを予想する声も多い」

と紹介。さらに、

「このほか、阿部寛さんらを挙げる人が多かった」
    「西郷さんに似ているとして、元横綱の武蔵丸さんを推す向き」
    「過去にNHK大河で西郷役を演じた俳優に期待したい」

といった声も上がっている事を伝えた。

J-CASTワンクリック投票で「適任」の1位

   また、J-CASTニュースでは、同記事とともに「ワンクリック投票」で「NHK大河ドラマの西郷隆盛役となる主演には、だれが適任だと思いますか?」と質問。選択肢は7項目。具体名は、鈴木亮平さん、阿部寛さん、武蔵丸さん、堤真一さんの4人だった。

   11月1日23時ごろ時点の結果(約2380票)では、1位は726票の鈴木さんで、30.5%と他を引き離していた。2位は「このほかに適任の人がいる」(21.2%)で、同率3位は阿部寛さんと武蔵丸さんで13.9%。堤さんは、5位で9.7%だった。ここでも、「適任」1番人気の鈴木さんが「当たった」形だ。

   主演決定のニュースが流れると、ツイッターでは、

「鈴木さん、頑張って(略)。上野の西郷さん像を目指して無理に太らなくてもいいです」

といったエールも送られていた。

   「西郷どん」は、林真理子さん原作で、脚本は中園ミホさんが担当する。2017年夏から撮影が始まり、18年1月から放送が始まる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中