島原鉄道「赤パンツ」が大反響 鉄道ファン垂涎の派手デザイン

印刷

   島原鉄道(長崎県島原市)は旧デザインの「赤パンツ車両」の復刻運転にあわせ、車両デザインを模した赤いボクサーパンツを発売中だ。

   パンツは前後とも赤色を基調としており、見る限り、「赤パンツ車両」以上に赤い。その派手さは、鉄道ファンも「これを履くには勇気が入りそう」「欲しいけど、履いてる姿は見られたくない」と困惑するほどだ。

  • ド派手な赤パンツ(島原鉄道提供)
    ド派手な赤パンツ(島原鉄道提供)
  • 引退が予定されている往年の「赤パンツ車両」(島原鉄道提供)
    引退が予定されている往年の「赤パンツ車両」(島原鉄道提供)

1000着用意、新商品も検討

   島原鉄道の「赤パンツ車両」は1986年から2008年まで運行していた。赤とクリームの2色が入り混じった塗装は、正面から見ると、赤いパンツを履いた人のように見えた。

   同社では、18年度に引退予定のキハ2500形気動車を赤パンツ車両のデザインに塗り替え、16年1月から運行させている。赤いボクサーパンツはこのキャンペーンに合わせて製作、10月1日に発売された。サイズはM、L、LLの3種類で、価格は1200円。

   本諫早駅、愛野駅、多比良町駅、島原駅売店、南島原駅、島鉄バスターミナル、口之津港売店、雲仙営業所、小浜営業所、諫早ターミナルホテルとYahoo!JAPANオンラインショップ内の同社ページで販売されている。

   パンツは、前面の中央部に赤パンツ車両のイラストと同社ロゴ、右太ももの部分に「形式」「自重」「換算」といった鉄道用語がプリントされている。前で閉じるタイプでないため、女性も着用できる。

   とはいえ、色は前後ともに真っ赤。車両の屋根をイメージしたウエスト部分は青色ながらも、赤色の占める部分が圧倒的に大きい。

   赤パンツ車両を全面に押し出したデザインは、鉄道ファン「垂涎」とも言えそうだが、やはりその派手さを気にする人は多い。ツイッターでは

「これを履くには勇気が入りそう」
「欲しいけど、履いてる姿は見られたくない」

といった声が上がる。

   島原鉄道の経営企画部はJ-CASTニュースの取材に対し、パンツの色について「2016年が申年だったものですから...。申年に赤いパンツを履くと、縁起が良いって言いますよね」と語る。

   ただ、1000着用意しているパンツはすでに800着売れ、「売れ行きはかなり好調」。今回の好調ぶりを踏まえ、赤パンツ車両が引退する18年度までに「前開きデザイン」や「合格祈願デザイン」のパンツを新たに製作することも検討しているという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中