シン・ゴジラが「現実」になった日 東京上陸をツイッターで「実況」続出

印刷

   巨大不明生物が東京・羽田沖に出現し、大田区蒲田付近に上陸。東京を壊滅状態に――というのは、大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」の冒頭シーンだ。

   その「初上陸日」となる2016年11月3日、現実世界のツイッターでは、もしゴジラがストーリー通りに上陸したらと想像した、「#シンゴジ実況」が話題になっている。

  • 蒲田周辺に掲げられているシン・ゴジラの旗(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    蒲田周辺に掲げられているシン・ゴジラの旗(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • ゴジラは直進方向から海老取川を進み、画面右の呑川へ入った(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    ゴジラは直進方向から海老取川を進み、画面右の呑川へ入った(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • 右側が呑川(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    右側が呑川(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • ロケ地に使われた呑川新橋(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    ロケ地に使われた呑川新橋(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • ふだんは静かな呑川(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    ふだんは静かな呑川(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • この川を正面から突進してくる(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    この川を正面から突進してくる(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
  • ゴジラが襲った蒲田東口の大通り(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)
    ゴジラが襲った蒲田東口の大通り(2016年9月2日、Jタウンネット編集部撮影)

アクアラインから「川崎側行けないってさ」

   シン・ゴジラの破壊ストーリーは、11月3日朝8時30分から始まる。同時刻に東京湾アクアラインで崩落事故が発生。当初は、東京湾で水蒸気爆発が起きたと伝えられたが、インターネット上では「UMA(未確認生物)が出現したのではないか」と話題に。そうこうしている間に巨大生物は、大田区の海老取川から呑川を通って、蒲田に上陸する――。ネタバレを最小限に抑えるため、この程度の説明にとどめておこう。

   一連のストーリーをなぞった「シンゴジ実況」は、読んでいるだけで緊張してくる。たとえば8時台には、アクアライン利用者から「川崎側行けないってさ。なので木更津へ避難します」「海ほたるなう なんかよく分かんないけど凄い 何あれ 尻尾?クジラ?」といった投稿がされた。

   徐々に実態がわかってきた9時台以降は、「京急止まった模様」「電車のテレビでなんか報道始まった。怖い」「駅前で号外配ってた。えらいことになってんな......」と、報道を受けたと想像しての反応が続々と出現。「被災地」からは「京急の蒲田駅前周辺なんかもうめちゃくちゃでやばい...」とのツイートも出ている。

秀逸なコラージュも

   文字だけではなく、写真付きのツイートもある。電車のドア上モニターにうつる首相会見や、テレビ各局のキャプチャー画面など、秀逸なコラージュ画像が多数投稿され、さも実際に巨大生物が上陸したのではとの印象を抱かせる。

   これらのツイートは、当然ながら「空想」によるものだ。しかし知名度の高さに加え、11月3日が祝日とあって、実況に参加する人は爆発的に増えた。ツイッターには「シン・ゴジラ リアルタイム実況」なる非公式アカウントも開設され、6万3000人以上のフォロワーがいる(3日16時現在)。

   3日14時現在、巨大生物は東京湾に帰ったようだが、「シン・ゴジラ」には再上陸の描写もある。その際には「#シンゴジ実況」のハッシュタグも、再び猛威をふるいそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中