井山裕太名人、7冠から陥落 高尾紳路九段に敗れる

印刷

   囲碁界初の7冠独占を2016年4月20日に果たした井山裕太名人(27)が16年11月2日、3日に甲府市内で行われた第41期名人戦七番勝負に出場し挑戦者の高尾紳路九段(40)に敗れた。この結果、井山名人は7冠完全制覇から197日で6冠に後退した。

   井山名人は3連敗後の3連勝で迎えた決戦の第7局で敗れた。高尾九段は10期ぶり2期目の名人位を獲得し、優勝回数を15に伸ばした。敗れた井山名人は敗退について、7冠になったのは奇跡的なものだった、とした上で、

「チャンスがあれば、また頑張りたい」

などと語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中