小林麻央、「生きる!」宣言 読者のメッセージに「心が晴れました」

印刷

   「『生きたい』ではなく、『生きる!』のでした」――。乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が2016年11月4日、こんな前向きな思いをブログにつづった。

   麻央さんは前日のブログで、「生きたい。もっともっと思い出をつくりたい」「どうしたら、その願いが叶えられる」などと切実な胸の内を明かしていた。こうした麻央さんの苦悩を和らげたのは、ブログの読者から寄せられた「メッセージ」だった。

  • 「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん
    「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん

前日ブログのタイトルは「疲れる」だったが...

   3日の麻央さんのブログは、「疲れる」というタイトルだった。記事は、思い出の公園を歩いていた際に、ふと強く「生きたい」と思ったという麻央さんの心境を赤裸々につづったものだ。

「もっともっと思い出をつくりたい。今までの光景がパラパラ漫画のように心に流れて、このずっと先のページにもいたいと、強烈に感じました」

   そんな切実な思いを書き連ねた上で、「どうしたら、その願いが叶えられるか、どこに方法が隠されているのだろう」と複雑な思いを吐露。末尾では、「頭も心も急にふる回転。そして、ただ疲れただけで、意味がありませんした」としていた。

   こうしたブログのコメント欄には、読者から続々と励ましのメッセージが寄せられた。なかでも、麻央さんの心に響いたのは、

「『生きたい』ではなく『生きる』と思って下さい」

という言葉だったという。

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてる」

   麻央さんは翌4日、「生きる」というタイトルでブログを更新。「皆様、メッセージありがとうございます」と感謝を述べた上で、「『生きたい』ではなく...」とのコメントに触れた。

   こうした言葉を見て、心が晴れたという麻央さん。「『~したい』だといつまでも、そうなれるよう未来を追いかけ続けなくてはいけないですものね。それは疲れます」とした上で、

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてると思うと、自信が湧きます。大丈夫!」

と前を向く気持ちを綴った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中