インスタ「こっそり閲覧」はバレてる ストーリーに組み込まれた「足跡」機能

印刷

   インスタグラムの新機能「Instagram Stories」(以下ストーリーズ)が導入されてから約3か月が経った。

   日本のユーザー間でも徐々に広がりを見せているが、閲覧時に「足跡」が残り、投稿者に閲覧者が誰か通知されていることについては、意外と知られていない。

  • ストーリー閲覧者は投稿者に通知される(画像はプレスリリースより)
    ストーリー閲覧者は投稿者に通知される(画像はプレスリリースより)

内緒でチェックしたつもりが、「通知」されている

   ストーリーズは、24時間で自動的に消える写真や動画を投稿できる機能。投稿はタイムライン上部に新設された専用スペースに表示され、従来のタイムラインには出てこない。通常の投稿と異なり「いいね!」や公開コメントも付かず、1日経てば消えてしまうため、何気ない瞬間を気軽にシェアしやすいのが特徴だ。

   2016年8月にリリースされ、2か月後には1日の利用者が1億人を超えた。日本のユーザーにも徐々に普及し、話題を呼んでいる。――ただし、「足跡」の存在についてはそこまで広く知られていないようだ。

   通常の投稿は「いいね!」やコメントを付けなければ、相手に閲覧したかどうかが伝わることはない。一方、ストーリーズは誰が閲覧したのかが、投稿者に通知されるようになっている。一度でも投稿したことがあれば把握できる仕組みではあるが、「閲覧専門」の人はこれになかなか気付かない。

   仮に、直接フォローしないまま内緒でチェックしている知り合いのアカウントがあるとする。会社の同僚、元恋人、バイト先の気になる子...さまざまなケースが考えられるだろう。そのアカウントのストーリーを通常の動画と同じ感覚で見てしまった場合、相手にはフォロワーでもない見知らぬ人物からの再生通知が届くことになる。もしも自身のアカウントに身元を特定できるような公開情報を含んでいれば、内緒でチェックしていることがバレてしまう。

「父さんの足跡が...」「バイト先の女の子に見られてた」

   実際、こうした事態はすでに起きているようだ。ストーリーズの導入後、ツイッターには、

「俺のインスタのストーリーに父さんの足跡がついてて驚きを隠せないでいる」
「足跡見たらバイト先の女の子に見られてたwwなんでアカウントばれたんだ?」
「なんでこの人が!?って人物に足跡残されてて震える」

といった声が散見されるようになった。おそらく「父さん」や「バイト先の女の子」は足跡を付けていると知らぬまま覗いたのだろう。

   また「普段は『いいね!』をくれないのに足跡だけはやたらと付く」という声もあり、フォロワーからのチェック頻度に戸惑いを感じるようになったケースもあるようだ。もちろん当人が知った上で閲覧しているなら問題ないが、知らないで見ているのであれば、気まずい状況が生まれる可能性もある。

   足跡はストーリーズのリリース当初からあった仕組みだが、ネット上で話題になったのは比較的最近とみられる。11月以降は、ツイッターの検索窓で「インスタ」の予測ワードに「足跡」が出るようになった。

「知らないままめっちゃいろんな人の見てた」
「足跡機能あったのね...バレてなきゃいいな」
「こっそり見られへんやん...」

といった声も目立ち、意外な「落とし穴」に静かな動揺が広がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中