松葉ガニ、史上最高1匹130万円! 鳥取の水族館で特別展示へ

印刷

   鳥取の冬の味覚、松葉ガニ(ズワイガニの雄)の初競りが鳥取市内であり、1匹130万円の高値がついた。同県で水揚げされた松葉ガニの最高級クラス「五輝星(いつきぼし)」に認定されたカニ。鳥取県水産課によると、これまでの最高値は昨(2015)年の1匹70万円で、一気に最高額を押し上げた形だ。

   競り落とした地元仲買業者の好意もあり、この130万円のカニは、地元の水族館にしばらく預けられ、一般の人が見ることができるという。

  • 鳥取県の「ウェルカニキャンペーン」サイト
    鳥取県の「ウェルカニキャンペーン」サイト

鳥取県中部地震の影響を跳ね返そうと...

   初競りは2016年11月7日、鳥取市の鳥取港であった。鳥取県では、甲羅幅13.5センチ以上などの基準を満たした松葉ガニを、昨季から最高級の新ブランド「五輝星」として売り出している。水揚げ全体の1%に満たない量だという。ブランド化前の初競り時の最高価格は、概ね20万円前後だったが、15年には70万円となり、今回16年は130万円と、一気に100万円を突破した。

   今回の高値について、県内のある水産関係者は、ブランド化の浸透の影響だけでなく、10月の鳥取県中部での地震による観光へのマイナスの影響を跳ね返そう、鳥取がんばろう、という仲買業者らの心意気も関係したのかもしれない、と感想を口にした。

   実際、競り落とした業者の好意により、当面の間、11月9日から県立の水族館、とっとり賀露かにっこ館(鳥取市)で、この130万円の松葉ガニが水槽展示されることになった(公開期限は未定、入場無料)。

   鳥取県では10月21日、中部を最大震度6弱の地震が襲った。このニュースが全国に流れた影響で、被害がなかった地域も含め、全県的に旅館・ホテルでキャンセルが相次いでいる。

   県水産課では、「現在、(カニを食べに鳥取へようこそ、の意をかけた)『ウェルカニ』キャンペーンを行っています。県内にはカニをはじめ、おいしいものがそろっています。ぜひ、多くの方々に食べに来てほしいです」と話している。

「た、食べたい。。。」

   今回の「1匹130万円」のニュースが流れると、ツイッターには

「スゴッ!」
「松葉ガニ1匹130万円...だと...」

と驚いたり、

「た、食べたい。。。」

と率直な感想をつぶやいたりする声が並んだ。

   ズワイガニは、水揚げ場所などにより、福井県の「越前がに」(雄)や石川県の「加能ガニ」(雄)なども知られ、各地でブランド化に力を入れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中