松岡修造、錦織圭両選手ら輩出の礎築く テニスの名選手、石黒修さんが死去

印刷

   戦後初めてのプロテニス選手として活躍した石黒修(おさむ)さんが80歳で逝去し、ネット上では追悼の声が上がっている。

   テレビドラマや映画などで活躍する俳優の石黒賢さん(50)は、修さんの次男だ。

  • プロテニス協会ホームページに載った石黒修さんの訃報
    プロテニス協会ホームページに載った石黒修さんの訃報

17年に入ってから、お別れ会の予定

   日本プロテニス協会によると、石黒修さんは2016年11月9日早朝、病気療養中のところ東京都内の病院で亡くなった。

   修さんは、慶応大学在学中に大学日本一となったほか、全日本選手権のシングルス、ダブルスなどで3回優勝した。英ウィンブルドン選手権にも、1961年から6年連続で出場し、63年には3回戦にまで進出している。71年にプロに転向し、翌年にはプロテニス協会を創設した。後進の育成にも力を注ぎ、後に松岡修造、錦織圭両選手らを輩出する礎を築いた。

   修さんの影響から、賢さんも一時プロテニス選手を目指した。俳優としてデビュー後も、08年から衛星放送「WOWOW」でウィンブルドン中継のナビゲーターをするなどしている。

   15年11月には、修さんは、名誉顧問としてプロテニス協会のセミナーで講演し、「日本のテニスとテニス人生」について話した。その際に、賢さんも対談相手として登場し、親子のテニス談義を実現させている。

   その後、体調を崩して、しばらくの間、入退院を繰り返していたという。

   通夜と告別式は、それぞれ14日18時から、15日13時から、ともに東京都渋谷区のカトリック渋谷教会で行われる。プロテニス協会では、17年に入ってから修さんのお別れ会を開く予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中