自宅で宿題見ながら国会答弁作り 世耕経産相、官僚テレワーク導入に波紋

印刷

   ITを活用して自宅などで仕事をする「テレワーク」という考え方がある。世耕弘成経産相は、これに関連して、政府が進める「働き方改革」の一環として、各省庁職員が自宅で国会答弁作りに参加できるように環境整備を進めたい考えを明らかにした。

   しかし、ネット上では、疑問の声が続出している。

  • 世耕経産相の発言が波紋(写真は経産省ホームページの動画から)
    世耕経産相の発言が波紋(写真は経産省ホームページの動画から)

「答弁作りは、最もテレワークに適した業務」

   世耕氏は、2016年11月8日の閣議後会見で、働き方改革についての質問が出ると、官僚による大臣などの国会答弁作りについて「最もテレワークに適した業務ではないか」と持論を述べた。

   各省庁職員は、議員から大臣などへの質問内容の通告があるまで待機せざるをえず、残業が深夜まで及ぶことも多いとされる。世耕氏は、このことに触れ、「テレワークでいわゆる待機という形でずっと待ってるんじゃなくて、家へ帰ってそして必要があれば作業に参加するということです」と持論の趣旨を説明した。「自宅からみんな参加できるように、子供の宿題を見ながらとか、そういう形で作業ができるような環境を整えるようにしたい」ともした。

   ただ、「ものすごく残業をやってるのをそのまま自宅に持って帰ったら同じこと」だとは認め、答弁を作るプロセスを見直して効率的な答弁作りができるようにする方針も明らかにした。つまり、持ち帰り仕事の時間を短縮したいということらしい。答弁作りのテレワークは、17年の通常国会からやる考えも示した。

   答弁を作るプロセスを短縮することについては、自らも率先して行っていることも世耕氏は強調した。

   職員が答弁を作ると秘書官からメールがあり、自宅でセキュリティが保たれた専用タブレットから経産省のサーバーにアクセスして、そこで答弁を夜や朝早く予習をする。その結果、世耕氏と職員との答弁勉強会では、内容を理解した答弁についてはスキップすることができ、勉強会の時間を大幅に短縮することができるようになったと明かした。

「ていうか早く質問出せば良いんだよ」

   世耕氏は、職員は夜遅くまで残って答弁作りをしており、これで「めちゃくちゃ朝早くから来なくてもいい」ことになったとした。つまり、今までは、職員らはほとんど家に帰る時間もなかったということらしい。

   世耕氏の発言が報じられると、ツイッター上などでは、「それ家で仕事してるだけや。受付時間を定時内にしろよ」「ワーク・ライフ・バランス的に全くあかんやつや......」「ていうか早く質問出せば良いんだよ」などと、そもそも仕事を家に持ち帰らせること自体に疑問や批判が相次いでいる。

   テレワークは各省庁ですでに導入が進んでおり、勤務時間内なら給料が、超過勤務なら残業代が支払われる。人事院の職員福祉課では、J-CASTニュースの取材に対し、持ち帰り仕事がワーク・ライフ・バランスに反するかについては、「こちらでは何ともお答えできません」と答えた。

   「子供の宿題を見ながら」仕事することについて、職員福祉課は、「職務専念義務に関係してくることで、プライベートとの区別がつかず、望ましくありません」と否定的な考えを示した。

   とはいえ、自宅にいる以上、プライベートなことを排除できない可能性はある。職員福祉課では、「確かに、隠れてされたら分かりませんが、仕事に集中してやってもらえるようシステムを使って時間を管理できるようにしています」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中