JAL「東京-ニューヨーク線」50周年 客室乗務員は懐かしい制服姿でお祝い

印刷

   日本航空(JAL)は2016年11月12日、東京-ニューヨーク線開設50周年のイベントを成田空港で開いた。同路線は日本を発着する路線の中でも「看板路線」のひとつ。

   搭乗ゲートには就航当時の制服に身を包んだ客室乗務員(CA)らが、搭乗証明書などの記念品を配りながらフライトを見送った。

  • ダグラスDC-8型機の模型を手にする歴代制服姿の客室乗務員(CA)。左から3代目(1966年)、4代目(1967年)、6代目(1983年)
    ダグラスDC-8型機の模型を手にする歴代制服姿の客室乗務員(CA)。左から3代目(1966年)、4代目(1967年)、6代目(1983年)
  • JALの係員がニューヨーク行きのJL6便を見送った
    JALの係員がニューヨーク行きのJL6便を見送った

当初は羽田からホノルル、サンフランシスコを経由

   東京とニューヨークを結ぶ路線自体は、第2次世界大戦直後の1947年に開設されていた。だが、当時の日本は連合国軍総司令部(GHQ)占領下で、運航していたのは米国の航空会社だった。それから19年後の1964年、ニューヨークで開かれた万博のための物資や人員を運ぶためにJALが日本の航空会社として初めて同地に臨時便を飛ばし、さらに2年後の66年11月12日、定期便の運航が始まった。ビートルズが初来日した4か月半後のことだ。

   初便はダグラスDC-8型機の「SETO号」で運航。羽田空港を出発し、ホノルル、サンフランシスコを経由して約19時間かけてニューヨークに向かった。目的地はジョン・F・ケネディ国際空港だったが、悪天候で行き先がラガーディア空港に変更されるという「おまけ」つきだった。

   その後、68年にはサンフランシスコのみを経由するようになり、72年には経由地をアラスカのアンカレッジに変更。78年には、日本側の拠点が成田空港に移った。83年には「ジャンボジェット」として知られたボーイング747型機が就航し、直行便になった。今ではボーイング777-300ER型機と787-8型機が、東京からニューヨークを約13時間(逆方向は約14時間30分)で結んでいる。

羽田線開設めぐり競争劇化

   50周年の節目となる2016年11月12日の成田空港の搭乗ゲートには、就航当時の写真や時刻表などが飾られ、就航当時(1966年)の3代目、世界1周路線就航時(1967年)の4代目、直行便就航時(1983年)の6代目の制服に身を包んだCAらが記念品を配った。

   ニューヨーク行きのJL6便(ボーイング777-300ER型機)は乗員・乗客247人を乗せて定刻の11時頃に出発した。

   東京-ニューヨーク間はJALと全日空(ANA)が1日2往復ずつ、ユナイテッド航空が1往復の、計5往復が運航されている。9月29日まで続いた夏ダイヤでは全て成田空港発着だったが、翌30日に始まった冬ダイヤではANAが2往復のうち1往復を羽田発着に変更している。

   ANAが東京(成田)-ニューヨーク線を就航させたのは1991年のことだったが、高い客単価が期待できる羽田空港の発着枠を多く配分されたANAが攻勢を強めている形だ。一方のJALは経営再建のために公的支援を受けた影響で、国交省から新規路線の開設に制限を受けている。この制限が17年3月で解けるため、JALも近く羽田-ニューヨーク路線を開設するとみられており、競争が激化しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中