SMAPファン、最後の意地 「好きな~」ランキング6位に「急上昇」

印刷

   オリコンが「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング2016」の結果を公表した。嵐が7年連続で1位になったことに注目が集まる中、年内で解散することが決まっているSMAPが6位に入り、前回2015年調査の10位から「急上昇」をみせた。

   ネット上で同ランキング結果が確認できる2005年以降、6位はSMAPの最高位。「最後の花道」として年末のNHK紅白歌合戦に出演するのか、しないのか、にやきもきしている人も多いなか、ファンらの応援がSMAPの躍進を後押しした形だ。

  • SMAPファンの根強い応援が後押し
    SMAPファンの根強い応援が後押し

05~13年までトップ10入らず

   オリコンがランキング結果を公表したのは16年11月14日。全体の6位に入ったSMAPは、特に年代別の「20代」ランキングでは3位に入るなど強さを見せた。30代では6位、40代で8位。10代では(10位までの)ランキング外だった。

   トップ10の他のアーティストが前年順位からいくつ変動したか、をみると、4つも順位を上げたSMAPを除くと、「1つ」(前年3位が2位、など)か「同じ」で、SMAPの躍進ぶりが顕著だったことが分かる。ランキングを載せた、オリコンの情報サイト「ORICON STYLE」でも、結果の分析記事の中で、SMAPが「大きく順位を上げた」と紹介。一連の解散騒動をめぐる報道ぶりから浮き彫りになったのは、SMAPの「まさに『国民的』と呼ぶにふさわしい圧倒的なスター性だった」とも指摘した。

   今回の結果がスポーツ紙(電子版)などで報じられると、SMAPの順位上昇について、ツイッターには「SMAPファンの活動の結果」「閉店になると閉店しないで、と嘆くおばさまと似たところがあるな」といった声が寄せられていた。

   SMAPは、2014年の同調査では9位。05~13年までは、トップ10には入っていなかった。

   「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング」は、オリコンの「オリコン・モニターリサーチ」会員のアンケートを元に独自集計したもの。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中