ジミー・ペイジ、国技館で演奏せず チケット最高30万円「返金できない」理由

印刷

   日本で行われたロック音楽祭で、英ギタリストのジミー・ペイジ氏(72)が予告と違って演奏しなかったとして、チケット購入者らの不満がツイッターなどに相次いでいる。主催者側は、ギターなどは用意したと説明している。

   ジミー・ペイジ氏は、ロック界では、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン両氏とともに世界3大ギタリストと呼ばれている。60年代後半から70年代にかけて、英バンド「レッド・ツェッペリン」を率いて一大旋風を巻き起こした。

  • ホームページ上に掲載されたお詫び
    ホームページ上に掲載されたお詫び

「ジェフ・ベックとのセッションは見納め」とPR

   ペイジ氏が今回参加したのは、東京・両国国技館で2016年11月11日に行われた「クラシック・ロック・アワード」だ。その年に活躍した人を表彰し、受賞者がライブを行うイベントで、05年から英米で毎年行われている。

   日本開催は初めてで、9月23日には、主催者「KLab」のホームページでその概要が告知された。そこでは、ペイジ氏にとっては20年ぶりの来日公演となり、3大ギタリストの1人、ジェフ・ベック氏と日本で初共演するとうたってあった。

   ポスターでも、ペイジ、ベック両氏の名前はトップに大きく掲げられ、KLab社長の11月7日のフェイスブックでも「大御所ジミー・ペイジとジェフ・ベックのセッションは多分これが見納め」と書かれている。一般席は、1万8000円だったが、席のランクごとに6~30万円まで設定された。

   ところが、デイリースポーツの13日付サイト記事によると、当日は4時間ほどのイベントの最終盤になって初めてペイジ氏がステージ上に姿を現し、プレゼンターとしてベック氏を表彰した2分ほどだけの「出演」だった。イベント終了後は、ペイジが演奏しないのはなぜかと客席から疑問の声が上がり、一部のファンはスタッフに詰め寄って返金を求めたという。

   ツイッター上でも、不満の書き込みが見られ、「いくらなんでも   これは・・」「ファンの気持ちをもてあそんでる」「希望者には返金するのが筋では?」といった声が上がっている。

「出演者の年齢を考慮し、変更を完全に防ぐことは難しかった」

   事実関係ははっきりしないが、ツイート情報によると、会場の両国国技館では、数十人が深夜0時過ぎまで残ってKLab側に抗議した。これに対し、社長がその場に出てきて直接謝罪があり、11月14日にホームページ上でも謝罪すると話したという。

   「KLab Entertainment」のホームページには、実際に14日になって社長名でお詫び文が掲載された。

   それによると、KLabでは、ジミー・ペイジ氏の演奏をイベントの目玉として予定しており、ペイジ氏のためにギターとアンプを当日用意した。しかし、本番直前になって、ペイジ氏の意向から、演奏が行われなかった。その理由について、ペイジ氏側に問い合わせをしているが、14日現在で回答を得られていないとしている。

   ペイジ氏が演奏しなかったことについて、「出演者の年齢を考慮し、また多数のアーティストが出演するフェス形式というイベントの性格上、出演者・演奏内容の変更を完全に防ぐことは難しかった」という。

   イベントは、多数の出演者によって構成されるため、それ自体は成立していると判断したとして、「チケット代金の返金は出来かねます」と理解を求めている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中