雲の上から「スーパームーン」観測会 68年ぶりの「絶景」

印刷

   2016年11月14日、地球と月との距離が近づき、満月の大きさが今年1年間で最も大きく見えるため、「スーパームーン」と呼ばれる現象が観測された。

   首都圏などあいにく雨模様で、地上からスーパームーンが観測された場所は限られたが、成田国際空港では14日夜、日本航空が日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」と協力して「HAKUTO スーパームーン鑑賞チャーターフライト」を開催。参加者は雨雲の上の高度1万1000メートルから見る「スーパームーン」の明るさに魅了され、「きれいだね」「大きいね」と歓声を上げていた。

  • 肉眼では真っ白だったが、カメラ越しだとクレーターが確認できた(2016年11月14日17時14分撮影)
    肉眼では真っ白だったが、カメラ越しだとクレーターが確認できた(2016年11月14日17時14分撮影)
  • 肉眼では真っ白だったが、カメラ越しだとクレーターが確認できた(2016年11月14日17時40分撮影)
    肉眼では真っ白だったが、カメラ越しだとクレーターが確認できた(2016年11月14日17時40分撮影)

月と地球の距離が今年で最も短い日

   月は地球の周りを楕円の軌道で回っており、月と地球は約27日周期で近づいたり遠ざかったりするのを繰り返している。そのため満月の見かけの大きさは日によってさまざまで、特に明るく大きくなると、天文学の正式用語ではないが「スーパームーン」と呼ばれる。

   国立天文台によると、11月14日は約1カ月に1度、地球から見て月と太陽が反対の方向にある日で、27日間で1度、月と地球が近づく日でもあり、その距離は今年1年で最も短くなる。これらが重なったため、2016年で最も大きな満月が見られる日となった。

   国立天文台によると、この日、月が地球に最も近づく位置(近地点)を通過するのは20時21分で、満月となるのは22時52分。地球と月の中心間の距離(月の「地心距離」)は満月の時、約35万6520キロとなり、これは1948年1月26日の満月で約35万6490キロが記録されて以来、68年ぶりの近さだという。

高度1万1000キロから月を眺める

   「HAKUTO スーパームーン鑑賞チャーターフライト」は、JALの次世代育成プロジェクト「空育」の第1弾にあたる事業で、日本航空が日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」とタッグを組み、小学生の親子112人を抽選で招待した。折り紙の飛行機を作って親子の写真を印字したり、HAKUTOのフライトモデル展示「ローバー」を見学したり操縦体験をしたりして楽しんだ後、「スーパームーン観賞会」に移った。

   子どもたちと報道関係者が搭乗したボーイング767-300型機は、16時半に成田空港を出発した。17時を過ぎ、機体が雨雲の上に抜け、「スーパームーン」は、普段見る月よりも大きく、太陽のように輝いていた。地上から見る月に比べて、そのまぶしさは際立っていた。

   その後、機体が右に左に旋回するようになると、子どもたちは窓の外に視線をやり、持参したカメラで撮影し始めると、シャッターを押す手が止まらないようだった。

   飛行は約2時間で終わり、18時20分頃に機体は雨の降る成田空港に戻った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中