松坂大輔同期の新垣がトライアウト! 打者3人抑えて「悔いなし」

印刷

   クビになった選手たちの最後の望みをかけた場がトライアウトである。そこにかつてのアイドル新垣渚投手がいた。プロの世界の厳しさの縮図だ。

   2016年のプロ野球トライアウトが行われたのは11月12日、甲子園球場。投手42人を含む計64人が集まった。

  • Twitterには多くのファンが写真を投稿していた
    Twitterには多くのファンが写真を投稿していた

ドラフト拒否でスカウトが自殺

   テストを受けた新垣は参加選手の中でもっとも有名だった。とりわけアマ時代は実績十分で、将来の大物としてプロ入りした。

   沖縄水産高の本格エースとして1998年、甲子園の春夏に出場。151㌔の速球を投げ、一躍注目された。1回戦負けにもかかわらずアジア野球選手権の日本代表に選ばれたほどだった。同期に松坂大輔がいる。

   九州共立大時代は日米大学選手権のメンバーに入った。

   ただ素質豊かゆえに事件に巻き込まれた。

   高校3年生のとき、ドラフト会議でオリックスとダイエー(現ソフトバンク)から1位指名を受けた結果、抽選でオリックスが交渉権を獲得した。ところが入団を拒否。

「ダイエー以外なら大学に進学する」

   ここから悲劇の幕が開く。オリックスの三輪田勝利スカウトが那覇市で投身自殺したのである。新垣獲得に失敗したのが原因とされている。

   三輪田は投手として中京商、早大から大昭和製紙を経て中日入り。無名だったイチローを発掘した名スカウトといわれた。葬儀のとき、イチローが棺に愛用のバットを入れたという。

   こんな逆風に遭いながら新垣は進学した。

「大学で活躍することが(三輪田さんへの)恩返しと思います」

故障と5度の最多暴投で安定を欠く

   4年後の2003年、自由枠(現在はない)でダイエー入団。初志を貫いた。翌年から3年連続2ケタ勝利。奪三振のタイトルも取った。

   しかし、07年の25暴投を含む5度の最多暴投が示すように、荒っぽい投球が安定感を欠いた。そのうえ故障が足を引っ張り、勝てなくなった。14年にヤクルト移籍。今季は6試合に登板、1勝2敗。二軍でも勝ち星なしの7敗。かつての力強いピッチングを失っていた。

   トライアウトは打者3人と対戦。すべて抑えた。

「今日で終わってもいい、と思って投げた。悔いなく投げることができた」

投げ終わった感想である。

   プロの世界はとてつもなく厳しい。若い頃の新垣を知る者にとって、トライアウト参加は意外な出来事である。本人もそう思っているのではないか。

   高校時代、ともに争った松坂も無残な姿で、再起へ必死の挑戦中だ。それでも億の年俸を保障されてソフトバンクに在籍している。新垣が1位指名されたチームにである。

(敬称略   スポーツジャーナリスト・菅谷   齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中