「総務」山口六平太の結婚式見たかった... 漫画家、高井研一郎さんに追悼の声

印刷

   漫画家の高井研一郎さんが2016年11月14日、肺炎のため都内の病院で死去した。79歳だった。

   代表作「総務部総務課山口六平太」(原作・林律雄氏)は1986年に「ビッグコミック」(小学館)で連載がスタート。以来、30年にわたり多くの読者に愛されてきた。

  • 「総務部総務課山口六平太 79」表紙
    「総務部総務課山口六平太 79」表紙

「サラリーマンの応援歌」として人気呼ぶ

   主人公・山口六平太は自動車メーカーに勤めるサラリーマン。見た目はさえないが、社内で起こる難問を次々と解決していく「スーパー総務マン」だ。人情味あふれるストーリーが幅広い世代から支持され、「サラリーマンの応援歌」とも呼ばれた。88年にはNHKで連続ドラマにもなっている。

   11月10日発売の「ビッグコミック」に掲載された第731話で最後になるという。単行本は30日に第80巻が発売される。

   突然の訃報を受け、インターネット上には追悼コメントが相次いでいる。言及が多いのはやはり六平太に関するもので、未完のまま終了することに対しては

「六平太の結婚式見たかった」
    「あのキャラクターたちがもう動かないのかと思うと寂しい」
    「六平太社長になるんじゃなかったんですか!」

との声が目立つ。

   また、

「自分も六平太みたいに立ち回りたいと思っていて、今でもお手本です」
    「こんな人が友達や同僚や先輩や上司にいてくれればいいなと思ってました」

と、主人公への思いをつづるファンも少なくない。

「三日前までネームを切っていた」

   長崎県立佐世保商業高校の後輩でもある漫画原作者の鍋島雅治氏は14日、フェイスブックで「本日、11時59分に漫画家の高井研一郎先生が亡くなられました。ボクが病室に駆けつけた時は12時10分でした」と報告。

   「三日前までネームとスケジュールを切っていたそうです」とも伝え、「最期までカッコいいじぃさんでした。憧れでした」と高井さんを偲んだ。

   高井さんは長崎県佐世保市出身。1956年に少女マンガ「リコちゃん」でデビューした。他の作品に「プロゴルファー織部金次郎」(原作・武田鉄矢さん)、マンガ版「男はつらいよ」(原作・山田洋次さん/脚色・林律雄さん)など。赤塚不二夫さんの「おそ松くん」のキャラクターデザインに携わったことでも知られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中