阿川佐和子「結婚話」に広範な衝撃 「一番がっかりしているのはウチの26歳の息子」

印刷

   『聞く力』(文春新書)がベストセラーになったことで知られるエッセイストの阿川佐和子さん(63)に結婚話が浮上し、驚きの声が広がっている。

   2016年11月15日(首都圏など)発売の「FLASH」11月29・12月6日号によると、お相手とされたのは、定年になる13年まで慶大教授を務めた6歳年上のS氏。同誌は、14年に週刊新潮がツーショット写真を掲載した「白髪紳士」と同一人物とみている。一方、阿川さんは報道を受け、「入籍なんぞ、しておりません」とコメントを発表。今後については「それは人生どこでどうなるか未知のものですから明言はできませんけれど」と含みを残している。

  • 「結婚話」に驚きと祝福の声が広がった(写真はイメージ)
    「結婚話」に驚きと祝福の声が広がった(写真はイメージ)

阿川さん「人生どこでどうなるか未知のものですから」

    「FLASH」では、「阿川佐和子63歳!ついに結婚を明言」と題して、阿川さんとS氏の写真を別々に掲載。阿川さんは同誌の取材に対して

「まだ入籍はしていません。区役所に聞いていだければわかりますよ」

と説明。記事では、元々阿川さんはS氏の妻と友人関係で、S氏は「最近」、妻との離婚が成立したとも伝えている。S氏は同誌の取材に対して、結婚についての話は「出ていますね」とした上で、結婚の意思について

「急いではいませんが...はい」

と話したという。FLSAHではこの発言をうけ、「結婚を明言したのだった」とまとめている。

   一方、阿川さんは、日本テレビが15日に報じたところによると、文書コメントの中で、

「どうやら『結婚宣言した』という記事になっているようですが、まだそんな事実はまったくなく、まして入籍なんぞ、しておりません。区役所に誓って申し上げます」

などと、否定したが、

「今後については、それは人生どこでどうなるか未知のものですから明言はできませんけれど」

と、今後の結婚には含みを持たせている。

FLASHと新潮両記事の一致点と異なる点

   阿川さんとS氏との関係は、2年前にも報じられている。

   「週刊新潮」(14年11月6日号)では、「『阿川佐和子』白髪紳士と『純愛宣言』」と題した記事を2ページにわたって掲載。

「『お見合い30回以上』を公言する独身の阿川さんだが、この日、自宅に白髪紳士を招き入れたことからすれば、男運もアップしたのかもしれない」

として、阿川さんのマンションに男女のペアが入っていく写真も載っている。この時、阿川さんはSさんと「30年ぐらい前」に知り合い、「元は教育関係の仕事で今はリタイアしています」と説明。2人の関係については

「パソコンに明るいので、セッティングとかしてもらったりしていて。この日は新しいスマホの設定に時間が掛かったので、ご飯を食べに一端外に出て家に戻ってきたところ、かな」

としていた。

   今回、FLASHではSさんは「最近」離婚したと報じているが、14年当時、阿川さんは「6歳ほど上で独身の男友達ですよ」と説明していた。両誌の写真を見比べても、同一人物らしいことがうかがえる。

   「FLASH」の報道やネット版告知記事を受け、ツイッターでは

「阿川佐和子さんに遂に春が!?本当ならすごい嬉しい!」
「おぉ、ついに!」
「このニュースで一番がっかりしているのはウチの26歳の息子です」

などと驚きと祝福の声が広がった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中