「医師が取り調べ中に死んだのは暴行」 奈良県警に告発状を出した法医学者

印刷

   医師が6年前に奈良県警の取り調べ中に急死したのは警察から暴行を受けたからだとして、法医学者が特別公務員暴行陵虐致死の罪による告発状を県警に提出した。

   県警は、暴行を全面的に否定したと報じられているが、真相はどうなのか。

  • 取り調べ中に何があったのか(写真はイメージ)
    取り調べ中に何があったのか(写真はイメージ)

右足の膝から足首にかけて、皮膚が赤黒く変色

   岩手医科大学の出羽厚二教授(法医学)らは2016年11月15日、告発状提出に当たって奈良県庁で記者会見した。その際に示した写真は、54歳で亡くなった男性医師を警察側が司法解剖したときの鑑定書に添付されていたものだ。これを見ると、右足の膝から足首にかけて、皮膚が赤黒く変色しており、左足との違いがはっきり分かる。

   男性医師は、奈良県大和郡山市にあった山本病院(現在は廃院)に勤めており、山本病院は09年に診療報酬詐欺事件で県警に摘発された。その後の調べで、男性医師が06年の手術で患者が肝臓がんではないのに不要な手術を行い、肝静脈を誤って切って患者を死亡させたとして、院長とともに業務上過失致死の疑いで10年2月に逮捕された。

   ところが、男性医師は、逮捕から19日後に留置場内で倒れ、病院に運ばれたものの死亡した。当時の報道によると、県警が死因は急性心筋梗塞とし、県警の留置管理室では、「留置管理に問題はないと考えている」とコメントした。これに対し、不審に思った遺族が2013年2月に適切な治療を怠ったとして、奈良県に対し、約9700万円の損害賠償を求めて奈良地裁に提訴し、その後に出羽教授に調査を依頼していた。出羽教授は、07年に起こった大相撲時津風部屋の力士暴行死事件でも、死因を調査している。

   出羽教授の会見によると、鑑定書には、頭や胸、腕、足の全身にわたって遺体に損傷があると書かれていたという。男性医師は、亡くなる1日前に急性腎不全と診断されて治療を受けていたが、出羽教授は、男性医師は、警察から自白させるために殴られたり蹴られたりし、その結果として腎不全などの多臓器不全を起こして死亡したと推定していることを明らかにした。

自傷行為か、警察の暴行か

   テレビ朝日系ニュース「ANN」の16年11月15日の報道によると、県警側は遺族が起こした訴訟の裁判で、男性医師は、留置場でいつも体の右側から落ちるように座り、そのままあぐらをかいているので、床に打ちつけられた右足が圧迫されて内出血したとの見方を示したという。

   その他メディアの報道でも、県警は、右足は床で打って出血したものだとして、男性医師への暴行を否定したとされている。頭部の損傷は、転倒して打撲したもので、胸部の内出血は、救急隊の心臓マッサージによるものだと説明したという。出羽教授からの告発状については、受理するかどうかを今後検討するという。

   出羽厚二教授は、17日のJ-CASTニュースの取材に対し、県警の主張とされることについて、次のように反論した。

「常識で考えて、床で打ったならおしりも打ちつけるはずですが、そのような跡はありません。右足全体が出血しており、どう考えてもおかしいと思います。胸の出血は、救急隊によるものというのもあり得ないでしょう。警察は亡くなった翌日夕方に司法解剖を行っていますが、その前にマスコミに死因を明かし、留置管理室がコメントしています。右足の写真も、裁判で『写真の番号が飛んでいるのはおかしい』と指摘して出てきたものです。警察は、隠しているとしか思えないですね」

   男性医師が自傷行為をした可能性については、「それは否定できませんが、自傷や自殺を許したとしたら、留置管理に問題があることになります」と言う。本人が警察側に挑発的な態度を取ったことはあるかについては、「それは一切分かりませんが、遺族に話を聞きますと、気が弱くおとなしい人だそうです」と話した。さらに、「警察は、患者が死亡した事件を傷害致死として立件したかったが、証拠がないと検察側に止められたとの報道が出ており、フラストレーションがたまっていたのかもしれません。自白させるために、本人の気の弱いところを狙われたのでしょう」とも言っている。

   奈良県警の広報課は、J-CASTニュースの取材に対し、「基本的に記者クラブ加盟社だけに取材に答えている」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中