「こじらせ女子」生みの親、雨宮まみさんが死去 「自宅で事故のため」

印刷

   「女子をこじらせて」などの著作で知られるライター・雨宮まみさんが、2016年11月15日に死去した。40歳だった。雨宮さんの著書『東京を生きる』を15年に出版した大和書房(東京都文京区)が17日、発表した。

   自己評価と社会の価値観のギャップに苦しむ女性を「こじらせ女子」と名付け、若者から共感を集めた。

  • 「女子をこじらせて」が人気作に(Amazonの商品ページより)
    「女子をこじらせて」が人気作に(Amazonの商品ページより)

「こじらせ女子」は「流行語大賞」にもノミネート

   発表によると、雨宮さんは「自宅で事故のため」亡くなった。11月15日朝、心肺停止の状態で床に倒れているところを警察に発見されたという、葬儀は親族のみで執り行われ、一般のお別れの会は予定されていない。

   福岡県出身。アダルトビデオ雑誌の編集者・ライターなどを勤めた後、フリーライターに転身した。11年に自身初となる単著『女子をこじらせて』(ポット出版)を上梓した。

   体験談を交えながら、一般的な価値観と自意識の間に折り合いがつかず恋愛につまずく女性を「こじらせ女子」と命名。ネーミングのキャッチーさもあいまって、同年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた。最近も、一部ネットメディアで連載ものを執筆するなど精力的に活動していた。

   人気ライターの若すぎる死。ネット上では、

「信じたくない」
「あまりにも急で驚いてる」
「まだ早いですよね...残念です」

と驚き、戸惑い、悲しみの声がファンから寄せられている。

死の8日前にインタビューの仕事

   最後の更新となった6月8日の公式ブログでは冒頭、「死にたくなる夜というのが、やってくる」と一言。続けて、

「たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる『死んでもいいですか?』と、誰かに訊きたくなる」

などと書いていた。

   一方、ツイッターは11月14日まで更新を続けていた。新作映画に触れ、「すごく好きかもしれない」などとつぶやいた。7日に雨宮さんのインタビューを受けたばかりだった、セクシー女優の初美沙希さんは17日、

「つい最近にお会いしたばかりだったのに... ほんとついこないだ... 突然過ぎて受け止められない」

とツイートしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中