ボジョレー・ヌーボー、実は輸入量激減 ワインが日常に定着して...

印刷

   2016年も、ボジョレー・ヌーボーが解禁された。

   ボジョレー・ヌーボーは、その年に収穫されたブドウで造られた新酒で、毎年11月第2木曜日(今年は11月17日)が解禁日。その日にはレストランやワインバーなどで試飲会などのイベントが開かれる、お祭り騒ぎになる。ところが、その輸入量は年々減っており、2004年のピークから約4割も減ってしまった。

  • 「ボジョレー・ヌーボー」の輸入量、ピークから、ほぼ半減に(写真はイメージ)
    「ボジョレー・ヌーボー」の輸入量、ピークから、ほぼ半減に(写真はイメージ)

2004年のピーク時からほぼ半減

   「ボジョレー・ヌーボー」は、軽い味わいで渋みがほとんどなく、やさしい口当たりで、はじめての人でも飲みやすいワインとされる。縁起がいいと「初物」好きでイベント好きの日本人の心をくすぐり、季節の楽しみとして、すっかり定着している。

   ふだんワインを飲まない人も、ボジョレー・ヌーボーをきっかけにワイングラスを手にするようになった。バブル景気の頃には、解禁日の午前0時を迎えると、カウントダウン・パーティーがレストランやワインバーで開かれて大いににぎわった。

   本国・フランス以上に日本での人気は高く、日本は輸入量第1位で、全生産量の約4分の1を占めているとされる。

   ただ、日本の輸入量は減少傾向にある。傘下にワイン大手のメルシャンをもつ、キリンによると、2015年の輸入量は前年比8.5%減の56万ケース(1ケースは750ミリリットル×12本換算)と、ピーク時の2004年に比べて41.7%減と、ほぼ半減した。

   「100年に1度のでき」とうたわれた2003年には店頭からボジョレー・ヌーボーが消え、その翌年は輸入量が大きく伸びたが、その後は年々減少。2012年には74万ケースに盛り返したものの、再び減少傾向をたどっている。

   2016年の輸入量(見込み)は、前年比で4%程度減少するとみている。

   輸入量が減少する背景を、キリンは、「一時期のブームではなく、日本人の11月の旬なイベントとして定着した結果ではないかと考えています。日本のワインの消費量自体は、7年連続で伸長していますし、ワインを飲む文化が浸透していきているとも言えます」と話す。

   ボジョレー・ヌーボーのおかげで、ワインファンは増えたが、日常的にワインを飲む人が増えたことで、年に1度の解禁日はかつてほど盛り上がらなくなった。そのため、輸入量も減っているということらしい。

   キリンは「手軽な価格帯だけでなく、高価格帯のボジョレー・ヌーボーのラインアップも増えています。市場が成熟化したことで、お客様の選択の幅も増えていると考えています」と、品揃えを充実して販売に力を注いでいる。

「毎年それほど味の違いはないと思うけど...」

   そうしたなか、スーパーやコンビニエンスストアの店頭には、きらびやかに「ボジョレー・ヌーボー解禁」のポスターが躍る。しかし、インターネットには、

「もうそんな煽り、誰も気にしてませんよw」
「10年の1度くらいはとんとんの出来で100年に1度でいい出来って感じじゃないの?」
    「ボジョレーってイベントもんでしょ。毎年それほど味の違いはないと思うけど...」
    」「その年のブドウの善し悪しをはかる目安にはなると思うがな」
    「ボジョレ自体がそんな大したものではないし、わざわざ輸入してまで飲まなきゃいけないものじゃないよ」

と、冷ややかな声が少なくない。

   なかには

「地元の甲州ワインのほうがうまい!!!」
    「チリ産がおいしいし、値段も手ごろ」

といった声もあり、さまざまなワインを楽しむ人が増えている。

   また、ボジョレー・ヌーボーが解禁される11月第2木曜日から、次の一大イベントのクリスマスまでは約1か月。早めの対応を図るスーパーやコンビニでは、年末に向けてスパークリングワインなどに切り替えるところもあり、入荷本数を控える傾向がみられるという。こうしたことも、輸入量の減少に影響しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中