福島第2原発3号機、冷却装置が「停止」 使用済み核燃料プール「冷却はできている」

印刷

   2016年11月22日朝、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震があった。NHKの報道によると、福島第2原子力発電所の3号機の使用済み核燃料プールの冷却装置が停止しており、核燃料を冷やす水の循環ができていないという。

   ただ、原子力規制庁の話として、プールの中にある水で核燃料の冷却はできており、核燃料の発熱量が少ないことから、このまま循環ができない状態が続いても、ただちに危険な状態に陥ることは考えにくいという。

  • 福島第二原子力発電所(東京電力のホームページより)
    福島第二原子力発電所(東京電力のホームページより)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中