つり革に「地域差」があった 関東は三角、関西は丸...

印刷

   通勤や通学で電車を利用している人であれば、毎日のように目にしている「つり革」。その形状に、関東と関西でハッキリとした「地域差」があることがネット上で密かな話題を呼んでいる。

   鉄道車両メーカーなどによれば、関東近郊では「三角型」のつり革が圧倒的に主流だが、関西では逆に「丸型」を採用している車両ばかりだという。

  • よく使う路線の「つり革」は丸?三角?
    よく使う路線の「つり革」は丸?三角?

「古い車両は丸、新しいのは三角のイメージ」

   つり革の地域差が話題になったのは、鉄道や航空などの交通インフラを専門に扱う「乗り物ニュース」が2016年11月13日に配信した記事がきっかけだ。つり革メーカーへの取材を中心に、東日本で西日本では形状に「地域差が見られる」と伝えたものだ。

   こうした記事は鉄道ファンを中心に話題を呼び、ネット上には「全然気づいてなかったけど興味深い」との反応が寄せられた。さらに、ツイッターやネット掲示板では、

「古い車両は丸、新しいのは三角のイメージ」
    「今時丸とかまだあるんだな」
    「吊り手が丸のって、私のイメージの中では昭和時代の電車」

などと、つり革の形状の違いは「車両の新旧にあるのでは?」との反応も目立った。

   だが、鉄道車両メーカーの総合車両製作所(横浜市)の担当者は18日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「丸型が古く、三角型が新しいとは一概に言えません。実際、関西では新しい車両であっても丸型を導入するケースがあります」

と話す。一方で、関東の鉄道業者からの受注が多い同社では、「注文のほとんどは三角形のつり革」だという。

関東近郊では三角形のつり革が7割以上

   メーカーへの受注数の差だけではなく、実際に運行している車両でも「つり革の地域差」は明確に出ている――。そう明かしたのは、つり革専用の携帯グリップ「GripPon(グリッポン)」を販売している創考テクノ(神奈川県座間市)代表取締役社長だ。

   同社は、グリップの開発にあたり三大都市圏を走る全路線の「つり革の形状」を調べたという。その結果について、

「東京など関東近郊では『三角型』のつり革が主流で、確認した範囲では全体の7割以上の車両で採用されていました。ですが、中京地区と関西地区では、圧倒的に『丸型』の割合が多く、三角型はほとんど確認できませんでした」

と社長は説明していた。なお、関東近郊で丸型のつり革を採用しているのは、京急電鉄や小田急電鉄の旧型車両など一部だけだったという。

   このように、地域ごとに違いが出たつり革の形状だが、丸型と三角型で機能に差はあるのだろうか。先述の総合車両製作所の担当者は、「どちらが優れているというわけでは決してありません」と話す。

   三角型は底が平らなため安定感があるが、丸型は掴む部分がカーブしているので「長くつかんでいると手が疲れてくる」。一方で、乗客の頭にぶつかった際は「丸型よりも、角がある三角型の方が衝撃は大きくなる」など、それぞれの形状にメリット・デメリットがあるそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中