小林麻央のBBC中国語版記事 「闘病手記」が特別な扱い

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さん(34)が、英BBCが選ぶ2016年の「100人の女性」に日本人として初めて選出された。ブログでがんを公表し、闘病中の経験や思いを率直に発信したことが「多くの人を元気づけた」と評価された。

   選出にあたって、BBCは11月23日に麻央さんの手記をサイト上に掲載した。その中で麻央さんは、がんを公表するまでに抱いた葛藤やブログを始めるに至った理由、読者への感謝の思いなど、率直な心情をつづっている。

  • 麻央さんが今年の「女性100人」に
    麻央さんが今年の「女性100人」に

麻央さんの手記は英語や中国語にも翻訳

   BBCが2013年から実施している「100人の女性」は、社会に影響力を与え人々の心を動かした女性を世界中から選び、紹介するもの。今年は11月21日に発表され、がんの闘病記をブログで発信している麻央さんが「Cancer Blogger」として選出された。

   BBCに寄せた手記の中で麻央さんは、2014年に乳がんが見つかってから「病のイメージをもたれることや弱い姿を見せることには『怖れ』がありました」と告白。その上で、

「自分自身を責め、それまでと同じように生活できないことに、『失格』の烙印を押し、 苦しみの陰に隠れ続けていたのです」

と深い葛藤の中にあったことを明かした。

   だが、病気で「母親として」の仕事ができなくなっても、夫で歌舞伎役者の市川海老蔵さんや子供達は「私を妻として、母として、以前と同じく、認め、信じ、愛してくれていました」。こうした家族の支えが、麻央さんがブログ「KOKORO.」を開設するきっかけとなったという。

   続けて、これからの時間をがんに支配されることはやめたとして、

「なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。だって、人生は一度きりだから」

と前向きな言葉で手記を結んでいる。

   こうした手記は英語や日本語、中国語に翻訳され、各国版のBBCサイト上で配信されている。とくに中国語版では、24日正午現在、サイトのトップページの「特別推薦」欄にも選ばれており、大きな注目を集めていることがうかがえる。

「私なりの葛藤の先にたどり着いた思い」

   自らの思いをつづった手記がBBCに掲載されたことについて、麻央さんは23日夕に更新したブログで言及。掲載された記事をリンク付きで紹介するとともに、手記の内容については、

「人間なので、いつでもこんな気持ちでいられるわけではありませんが、私なりの葛藤の先にたどり着いた思いです」

と説明した。その上で、ブログの読者に向けては「皆さんに背中を押して頂きました」と感謝をつづった。

   また、夫の海老蔵さんも24日午前に更新したブログで、BBCに手記が掲載されることになった経緯について説明している。それによると、BBCからの取材依頼に「妻(の麻央さん)は最初あまり乗り気ではなかったかもしれない」という。

   だが、海老蔵さんは取材に応じることを勧めたという。夫からの後押しを受けた麻央さんは「やってみるね」と決断。海老蔵さんは「それが記事になったようです」とブログで振り返っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中