豊洲問題、石原慎太郎氏らはお咎めなし ネットでは「身を切るべき」の声

印刷

   豊洲新市場の盛り土問題で、東京都の小池百合子知事は元市場長ら18人の懲戒処分に踏み切ったが、ネット上では、まだ甘いとの声も出ている。

   「厳正な処分をしたことで、一つの区切りを付けたい」。小池知事は、2016年11月25日の定例会見で、懲戒処分をこの日付で行ったことを発表すると、今回の問題についてこう述べた。

  • 石原元知事はどう考えるのか
    石原元知事はどう考えるのか
  • 小池知事は石原氏の自主判断に期待?
    小池知事は石原氏の自主判断に期待?

小池知事、「けじめ」と自らも減給処分に

   豊洲問題では、小池知事が11月1日の臨時会見で、幹部8人が必要な手続きをせずに盛り土をしないことを決めたとして処分する考えを示していた。今回はさらに、都議会で盛り土をしたとウソの答弁をしたのに関わった職員についても処分の対象にしたことを明らかにした。

   中央卸売市場の歴代市場長は、4人が5分の1の減給3~6か月の処分となり、部長級職員は、14人が10分の1の減給1か月~5分の1の減給6か月の処分になった。計18人の処分者のうち退職者は6人いるが、小池知事は、給与の自主返納を求めるとしている。

   処分の理由としては、不適切な事務処理をしたことが地方公務員法違反(信用失墜行為)になることを挙げている。小池知事は、弁護士から意見を聞いたうえで処分を決めたと説明した。

   さらに、「行政の長としてけじめをつけるべき」と述べ、小池知事自らを5分の1の減給3か月の処分にすることも明らかにした。ただ、それでは寄付行為になってしまうので、都議会に条例改正を提案するとしている。

   11月25日の定例会見では、盛り土をしないと決めた当時の石原慎太郎元知事の責任はどうなるのかと記者から質問が出た。

「石原元知事は、普通ならその責を理解」

   これに対し、小池知事は、「石原元知事は『のり弁ののり開けば分かる』と言っていた。のりをはがす状況ができた」として、現時点では処分の対象にならないことを示唆した。そのうえで、「そのときの長だったので、普通のリーダーならその責について理解するのではないか」として、石原元知事の自主判断に期待するような見方を示した。

   盛り土決定当時の市場長だった中西充副知事が引責辞任の意向を示していると一部で報じられたが、小池知事は、記者の質問に対し、辞任を否定した。「本人は当初から責任を感じておられるようだが、やっていただきたいことは多々あり、今後も活動してほしい」と述べた。

   小池知事が踏み切った幹部の処分について、ニュースのコメント欄などでは、評価する声が上がる一方、内容については、「かなり甘いな!!」「もっと厳しい処分でいい」といった声が支持を集めた。また、「小池さんが給与減額して舛添や石原が身を切らないのは納得いかない」といった意見や豊洲新市場への移転時期などを早く決めてほしいとの要望も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中