朴大統領に2度目の「共謀認定」 職権乱用、強要罪

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と友人の崔順実(チェ・スンシル)被告らをめぐる国政介入問題について、韓国検察は2016年11月27日、チェ被告の側近で映像監督のチャ・ウンテク容疑者を職権乱用、強要などの罪で起訴し、チャ容疑者と朴大統領が「共謀関係にあった」との判断を示した。

   現地メディアによると、チャ被告は自らが設立した会社が韓国の大手通信会社の広告取扱企業に選ばれるよう圧力をかけたとされ、朴大統領は当時の秘書官に指示してこれを後押ししたとしている。

   韓国の検察が起訴状で朴大統領の「共謀」を認定したのは2度目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中