押切もえメール盗み見で逮捕の日経社員 「パスワード突破が喜び」

印刷

   警視庁サイバー犯罪対策課は2016年11月30日、タレントの押切もえさん(36)らのスマートフォンに不正にアクセスしたとして、不正アクセス禁止法違反などの容疑で日本経済新聞社デジタル編成局所属の社員(29)を逮捕した。日経含め各紙(電子版)が報じた。

   容疑者は、「出来心でパスワードを突破することに喜びを感じ、ゲーム感覚でしてしまった」と容疑を認めているという。

 
  • 押切もえさんらは不正アクセスの被害をうけた(画像は2008年撮影)
    押切もえさんらは不正アクセスの被害をうけた(画像は2008年撮影)

ゲーム感覚でしてしまった

   逮捕容疑は14年12月に、押切もえさんのスマートフォンに、入手した携帯電話番号と、SNSから得た情報や個人情報からパスワードを類推し不正にアクセス。メールや写真などを盗み見たという。また15年10月~16年4月には、元NMB48の渡辺美優紀さん(23)ら3人にも同様の行為をした疑いがあると報じられている。

   日本経済新聞社は、事件を報じた記事の中で、「被害を受けた方々にご迷惑をおかけしたことをおわび申しあげます」と謝罪。「逮捕された社員は当社が保有する顧客の個人情報を犯行に使用していないと認識しています」と業務上の不正を否定している。

NMB48渡辺美優紀も「不正アクセス」被害を訴え

   今回、逮捕された日経社員は、米アップル社のデータ保管・共有サービス「iCloud」(アイクラウド)」に不正ログインしていた疑いがあることから、ツイッターなどでは、

「やっぱりクラウドは怖いよ」
「iCloudのセキュリティ大丈夫か?」

とiPhoneユーザーに不安が広がっている。

   今回、同じ被害にあったと報じられた渡辺美優紀さんは、16年1月22日付のツイッターで、

「それからツイッター乗っ取ろうとしてる人やめてください」

と不正アクセスの被害を訴えていた(現在削除済み)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中