元Jリーガーなどブラジルのサッカー選手ら搭乗 コロンビアで航空機墜落、死者71人

印刷

   ブラジルのサッカー第1リーグ「シャペコエンセ」の選手らを乗せたチャーター機が2016年11月28日(現地時間)に南米コロンビアで墜落し、29日までに乗客乗員77人のうち71人が死亡した。

   海外メディアなどが報じた。選手や報道関係者ら77人を乗せたチャーター機はボリビアからコロンビアに向かう途中、コロンビア中部の都市メデジン付近の山岳地帯に墜落。航空当局は29日までに71人の死亡が確認され、選手を含む6人の生存者がいると伝えている。

   この航空機には2009年にJ1のヴィッセル神戸の監督を務めたカイオジュニオール監督のほか、元ジェフユナイテッド市原・千葉とセレッソ大阪にいたケンペス選手、元川崎フロンターレのアルトゥール・マイア選手、元柏レイソルのクレーベル選手、元京都サンガF.C.のチエゴ選手が乗っていたとみられる。当局は29日午後にフライトデータレコーダーとボイスレコーダーを回収し、事故の原因の解明を進めている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中