「保育園落ちた日本死ね」も 流行語大賞トップテン発表

印刷

   年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2016年12月1日、発表された。ノミネート候補30作の中から「年間大賞」に選ばれたのは、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたプロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督が口にした「神ってる」だった。

   「大賞」以外にトップテン入りしたのは、「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」だった。

   選考委員会の姜尚中・東京大学名誉教授は、報道関係者向けの発表用資料で、「例年になく、過激で、尖った感じの言葉が流行った1年だったように思う」とコメントした。

   また、ユーキャン新語・流行語大賞事務局は今年の傾向について、

「『神ってる』を始めとして、ネットから発信された言葉が多かった。声に出す流行語より文字による言葉が氾濫。その為、過激な言葉が多く、上り坂、下り坂ではなく『まさか』と思われる言葉も出現した。同時に、1つの現象で複数の新語・流行語が生まれている。例年と比較すると、各分野でバランスよく言葉が生まれ、豊作ともいえる年である」

と、分析している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中