海自機にレーザー照射、威力業務妨害容疑で55歳男を逮捕 

印刷

   神奈川県警は2016年11月30日、飛行中の海上自衛隊機にレーザー光線を照射したとして同市麻生区の会社員の男(55)を威力業務妨害容疑で逮捕した。各メディアが報じた。

   容疑者は7月、同市の鶴見川河川敷で飛行中の厚木基地所属の海自哨戒機に向かってレーザーポインターで緑色の光線を照射した疑いが持たれている。容疑を認め、「うるさいからやった」などと供述しているという。

   同区周辺では海自機や米軍機へのレーザー照射に関する通報が約30件寄せられており、警察は容疑者との関連を調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中