トランプ氏、台湾総統と電話協議 79年の断交以来初

印刷

   ドナルド・トランプ次期米大統領は2016年12月2日(米東部時間)に台湾の蔡英文総統と電話協議した。トランプ氏の政権移行チームが発表した。米大統領や次期大統領と台湾総統によるやり取りが公になるのは、1979年の米台断交以来初。

   電話協議では米台の緊密な経済、政治、安全保障などの関係を確認した。米国は中国との国交樹立から数10年にわたり「一つの中国」政策を維持しており、今回の電話協議は中国側の強い反発を招くとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中