オスプレイ、不時着水し大破 沖縄・名護市沖

印刷

   米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイ1機が2016年12月13日夜、沖縄県名護市の東方海上に「不時着水」(防衛省発表)した。各メディアが報じる現地映像などによると、機体は大破している。

   防衛省による14日午前の発表によると、搭乗員5人は全員救助され無事。うち2人はけがをしている。事故原因は不明。

   事故を起こしたオスプレイは、訓練のため沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地から飛び立っていた。稲田朋美防衛相は14日未明、マルチネス在日米軍司令官に対し、原因究明や安全が確認されるまでの飛行停止について、電話で申し入れを行った。防衛省関係者によると、オスプレイは、コントロールを失って落ちたのではなく、パイロットが制御しながら着水した、と米軍側が説明しているという。

   オスプレイをめぐっては、安全性への懸念から沖縄県が、県内配備の撤回を求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中