ヨドバシ福袋めぐり一部利用者ブチ切れ 「アプリ不具合」指摘への会社の説明

印刷

   2016年12月14日昼に予約受付を開始し、わずか20分で全商品が売り切れとなったヨドバシカメラの人気福袋「夢のお年玉箱」。その予約システムをめぐり、商品を「買えなかった」Androidユーザーが怒りを爆発させている。

   「アプリの不具合で予約手続きができなかった」――。福袋の「争奪戦」に参加したAndroidユーザーの一部から、こんな指摘が出ているのだ。ただ一方で、「Androidだけど買えました」との報告も数多く見つかる。いったい、何が起きていたのか。J-CASTニュースは、ヨドバシカメラの担当者に詳しい話を聞いた。

  • ヨドバシ福袋の争奪戦の裏側は…(画像は「ヨドバシ.com」より)
    ヨドバシ福袋の争奪戦の裏側は…(画像は「ヨドバシ.com」より)

「最新なのにアップデートしろって何だよ!!」

   高価な電化製品が割安で購入できることで人気のヨドバシカメラの福袋。毎年12月中旬に実施されるインターネットでの予約販売では、大量の購入希望者が激しい「予約競争」を繰り広げることでも有名だ。

   15年には予約受付を実施した通販サイトに大量のアクセスが集中し、サーバーが負荷に耐えきれずダウン。その影響で予約受付が一時中止になり、後日改めて受付が実施されるという騒動が起きたほどだ。

   今年は、12月14日の昼12時30分に予約受付がスタート。例年とは異なり、ヨドバシカメラ専用の通販アプリだけで予約を受け付ける方式となったが、その人気ぶりは変わらず。全48種類の福袋は、受付開始からわずか20分で完売した。

   だが、そんな福袋の新しい「予約システム」をめぐり、一部のAndroidユーザーから「アプリに不具合があったのでは」という指摘がネット上に相次いだ。こうした指摘によれば、Android端末では、最新版のアプリをインストールしていても、

「ご注文整理券の発行のお申し込みには、最新の『ヨドバシ』ショッピングアプリのご利用が必要です。(略)アプリのバージョンアップをお願いします」

というエラーメッセージが表示され、予約手続きができなかった場合があったというのだ。

   そのため、ツイッターやネット掲示板には受付開始直後から、

「最新なのにバージョンアップデートしろって何だよ!!」
「Androidの私は朝ダウンロードしてるから最新のはずなのに進めない」
「ずっとアプリ最新にしろ画面で進まず終わった...」

といった怒りの声が数多く出ていた。さらに、ヨドバシカメラの公式ツイッターアカウントにも、批判的なリプライ(返信)が大量に寄せられる事態となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中