京葉線で電車の下にもぐり込んだ男逮捕 「自殺しようと思った」

印刷

   千葉県市川市のJR京葉線市川塩浜駅で2016年12月15日朝、男が停止した電車の下に潜り込んで電車を運休させたりするトラブルがあった。このトラブルで、千葉県警は同日、会社員の男(36)を威力業務妨害容疑で逮捕した。各メディアが報じた。

   男は15日午前8時頃、線路に立ち入ったのち電車の下にもぐり込み、駆けつけた行徳署員の説得にも応じず約24分にわたり電車の運行を妨げた疑いが持たれている。このトラブルで上下線40本に遅れが生じ、11本が運休、約2万5000人に影響が出た。

   容疑者は「自殺しようと思った」などと容疑を認めているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中