「鹿島がロナウドを本気にさせた。すげ」 あのレアルに一時リードの大善戦

印刷

   日本の鹿島アントラーズが、世界を代表するメガクラブ、スペインのレアル・マドリードを本気にさせた。そう思わせる試合だった。

   2016年12月18日に行われたFIFAクラブワールドカップ2016決勝は、大方の予想を覆し、鹿島が一時リードする展開になった。

  • 試合を中継した日本テレビのクラブワールドカップ公式サイト、鹿島アントラーズ紹介ページ
    試合を中継した日本テレビのクラブワールドカップ公式サイト、鹿島アントラーズ紹介ページ

柴崎岳が2ゴール

   ヨーロッパ王者のレアルは、2016年バロンドール(年間最優秀選手)のクリスティアーノ・ロナウドをはじめ強豪国の代表選手を数多くそろえる「銀河系軍団」。この試合まで公式戦36戦無敗と圧倒的な強さを誇り、クラブW杯も優勝候補の筆頭だ。

   そのレアルは前半9分、早々に牙をむく。ルカ・モドリッチのミドルシュートに、一度は曽ヶ端準がセーブするも、カリム・ベンゼマが押し込んで先制。ツイッター上では「まぁそりゃそうだよね。どう足掻いたって勝てる訳ねぇもん」「ベンゼマ上手いな、やっぱ鹿島じゃ勝てないでしょ」などとため息がもれた。

   ところが前半44分、鹿島の逆襲が始まる。土居聖真がクロスを上げると、柴崎岳がトラップ、ボールは相手に当たるが、シュートまで持ち込むとレアルのゴールネットに突き刺さった。

   前半を1対1で終えた鹿島は、後半開始直後の6分。またもクロスボールを柴崎が受けると、レアルDF数人に囲まれながらもキープ、倒れ込みながらシュートを放ち、逆転ゴールを奪った。

   これでレアルイレブンに火が付いたのか。後半10分、PKを獲得するとロナウドが冷静にゴール。2対2の同点に戻す。この時、ゴールを決めたロナウドは、鹿島ゴール内のボールを自ら持ち出し、センターサークルへ持って行った。その表情にはまったく喜ぶ様子はなく、急いでいるように見えた。ツイッターでは

「鹿島相手にpk決めた後にロナウドがボールを拾う姿。 鹿島がロナウドを本気にさせた。すげ」
「ロナウドがPK決めた後急いでボール取りに行ってた。焦ってるレアルを見るのも楽しいねw後スゲーガチモードに入ってる」
「C.ロナウド、PK決めて喜ばず自らボールを取りに行った。本気になってるね」
「PKを決めたロナウドがすぐさまボールを取りに...いやぁ本気だ」

と、様子の変化を感じる声が続々とあがる。

「今日の鹿島ならまだチャンスある」

   試合はそのまま延長戦へ入るが、延長前半8分、ベンゼマの縦パスに抜け出したロナウドが再びゴールを奪い、逆転。さらに延長前半15分、ロナウドがこのハットトリックとなるゴールを決め、リードを2点差に広げる。

   すると、徐々に鹿島の足が止まり始める。結局試合は4対2、レアルの優勝でクラブW杯は幕を閉じた。それでもツイッターでは最後まで

「今日の鹿島ならまだチャンスある」
「うわぁ...鹿島粘れ!夢見せてくれ!PKまで持ち込んでくれー」
「ひょっとして鹿島いけるかも...と思ったがさすがはレアル、さすがはクリロナって感じだ。めっちゃ勝負強い」
「鹿島がレアルに勝てるかって後半終わった時は思った」
「鹿島こんだけ頑張ってるし何が悪いとか無いわこれ」

といった声が出続けた。

   2ゴールの殊勲者・柴崎は試合後、

「勝てなかったのは悔しい。勝てるチャンスはあった。相手は延長まで攻め続けたが、僕らは落ちてしまったのが残念だった。良い大会にできた。次は優勝できるように頑張りたい」

と淡々と語り、前を向いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中