益若つばさと佐野研二郎氏の共通点 「盗作騒動」で繰り返される責任転嫁

印刷

   タレントの益若つばささんをめぐる「デザイン盗作騒動」は、盗作問題そのものよりも、その後の謝罪ブログが大きな火種となった感がある。

   「盗作したのはスタッフ」という話は、東京五輪エンブレム騒動で注目を集めたアートディレクター、佐野研二郎氏の「トートバッグ問題」と共通する。ここで重要なのは、いかに「責任転嫁」の印象を与えないかどうかだ。

  • 益若つばささん(2010年撮影)
    益若つばささん(2010年撮影)

益若「案を出した人が何かを真似したのか」

   今回問題となったのは、益若さんがプロデュースするファッションブランド「EAT ME」のサンプル商品に使われていたロゴ。本人がSNS上で商品を紹介したところ、ヴィジュアル系バンド「SuG」のボーカル・武瑠さんがデザイナーを務めるブランドのものと酷似しているとの指摘が上がり、物議を醸した。

   これを受け、益若さんは2016年12月18日のブログで謝罪し、詳しい経緯を説明。曰く、例の商品は自身のチームのデザイナーが手がけたものであり、益若さんは撮影当時、盗作されたものとの認識はなかったという。

   ブログでは「ディレクター代表として、個人としても本当に申し訳ないです」と代表者として謝罪したものの、一方では

「私もそれを知った瞬間に、本当に申し訳ない気持ちと悲しい気持ち、信頼していた会社に裏切られた気持ちでいっぱいでした。。」
   「案を出した人が何かを真似したのか真似してないのかの細かい判断は流石に私にはできないなぁ、、と感じました」

などと、自身も被害者であることを示唆するような記述が目立った。また「悔しくて悲しくて一晩中泣きました」とまで告白していた。

   ネット上ではこうした記述が疑問視され、

「なに被害者ぶってんだ」
   「言い訳がひどすぎる」
   「チームのせいにしちゃダメ」
   「一晩中泣きましたって必要?同情を誘いたいのだろう」

といった厳しい声が相次いだ。

佐野氏「スタッフがトレースしたもの」

   益若さんの件で思い返されるのが佐野研二郎氏の「トートバッグ問題」だろう。東京五輪エンブレム騒動が起きた2015年夏、佐野氏が企業キャンペーンのためにデザインしたトートバッグについても「パクリ疑惑」が浮上。これを受け、佐野氏は「スタッフがトレースしたもの」として盗用を認め、

「スタッフの者から特に報告がなかったこともあり、私としては渡されたデザインが第三者のデザインをトレースしていたものとは想像すらしていませんでした」

などとコメントしていた。

   そのためネット上では、益若騒動を受けて

「東京オリンピックのデザイナーもそんなこと言ってたな」
   「完全に佐野研二郎さんと同じパターン」
   「佐野研二郎さんと言い分が同じだと思った人は多いはず」

という声も上がっている。

   ただ、佐野氏は益若さんほど感情的なコメントを書くことはなかった。仮に「悔しくて悲しくて一晩中泣きました」とでも書いていれば、バッシングは相当なものになっていたかもしれない。

   なお、益若さんは 21日、謝罪後初めてブログを更新。「たくさんの励ましのお言葉や厳しいご指摘のお言葉ありがとうございました」として、「真摯に受けとめ、またみんなでゆっくり前に進めるように日々精進してがんばっていきたいと思います」と気持ちをあらたにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中