独りぼっちの聖夜を熱くする 「クリぼっち商戦」あの手この手

印刷

   楽しげなカップルで街が華やぐクリスマスシーズンに、あえて「お一人様」をターゲットにしたサービスを打ち出す『クリぼっち商戦』が、飲食業界を中心に盛り上がりを見せている。

   「クリぼっち」とは、クリスマスを独りぼっちで過ごす人を指す造語。そんな「クリぼっち」の来店を促すために、「カップル入店禁止」など風変りなイベントを実施する店が増えているのだ。

  • 居酒屋チェーン「NIJYU-MARU」にはカップル禁止席が
    居酒屋チェーン「NIJYU-MARU」にはカップル禁止席が

20代男性の3人に1人が「クリぼっち」

   20代独身男性の3人に1人が「クリぼっち」――。博報堂とLINEの共同プロジェクト「若者インサイトラボ」が2016年12月20日に発表した調査結果では、こんな実態が明らかになった。

   調査はLINEユーザーを対象に11月22日に行われ、20~40代の男女5415人から有効回答を得た。それによると、20代の独身男性696人のうち33%が「(クリスマスは)恋人や友だち、家族と過ごす予定がない」と回答。20代独身女性(606人)でも、4人に1人にあたる26%が「予定がない」と答えた。

   そんな「クリぼっち」に着目したのが飲食業界だ。クリスマス期間に合わせて、「一人客」に向けた限定サービスを打ち出す店が増えているのだ。

   コロワイドが運営するチェーン居酒屋「NIJYU-MARU(にじゅうまる)」では、12月24日と25日の両日限定で、カップル禁止シート「禁愛席」を設置。コロワイドの広報担当者は22日のJ-CASTニュースの取材に、

「一人客や友人同士が来店しやすいように、こうした施策を考えました」

と話す。同チェーンでは他にも、子持ちししゃもの炙り焼きやじゃこ大根サラダを付けた「クリスマス関係ないぜセット」(税別1224円)などの限定メニューも提供する。

大丸でも「クリぼっち」キャンペーン

   東京・八王子のイタリアンレストラン『スパゲッティPiaPia』では、12月24日のイブ限定でカップルの入店を「禁止」。店頭のショーケースには、

「当店スタッフが悔しがるので、12月24日はカップルの入店をお断りさせて頂きます」

という「お知らせ」が貼り出されている。この貼り紙には、仲睦まじげな男女の上に大きく「×」を描いたイラストも描かれている。同店が「カップル入店禁止」イベントを行うのは、14年のクリスマスから3年連続だ。

   また、讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」全店では、12月24日から26日の3日間限定で、「釜揚げうどん」を18時以降半額にする『きよしこの夜なきうどん』キャンペーンを実施する。カップルでも割引を受けることは可能だが、同社特設サイトには「ひとりの聖夜は、冷えますから」とのキャッチコピーが書かれている。

   飲食業界以外で「クリぼっち商戦」に乗り出したのは、大型百貨店の大丸東京店だ。同店の広報担当者は取材に対し、

「今年は初めて、『クリぼっち』の女性をターゲットにした企画を行いました。『今ドキ クリぼっちはけっこう楽しい!』をテーマに、特設コーナーや商品POPなどを展開しています。お客様の注目度も高く、確かな手応えを感じています」

と話す。売れ筋はルームウェアやアロマキャンドルで、担当者によれば「1人の自宅で豪華なクリスマスを満喫できる商品の人気が高い」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中