【2016回顧】J-CASTニュースランキング(前編) SMAP、ベッキー、高畑親子に関心

印刷

   もうすぐ暮れる2016年は、どんな年だったのか。J-CASTニュースが12月20日現在で、年間アクセスランキング(16年配信分)をまとめたところ、今年を代表する話題は、やっぱり芸能界のあの人たちだった――

   上位30位(別表参照)をみると、同一テーマ(人物、グループ)で複数の記事がランキングしているのは、SMAP(1位など)とベッキーさん(5位など)、高畑淳子さん・裕太さん親子(7位など)の3組だった。

  • 注目を集めたSMAP、ベッキー、高畑淳子さん親子…
    注目を集めたSMAP、ベッキー、高畑淳子さん親子…
  • 1位~5位
    1位~5位
  • 6位~10位
    6位~10位
  • 11位~15位
    11位~15位
  • 16位~20位
    16位~20位
  • 21位~25位
    21位~25位
  • 26位~30位
    26位~30位

30位中にSMAP関連が5本

   ランキング1位「SMAP報道『テレビはパイプあるのに一切独自取材しない』   デーブ・スペクターの核心発言にスタジオ凍りつく」(1月25日配信)など、上位30位に最多の5本(うち、1本はベッキーさんと重複)の記事が入ったのはSMAP。

   そのSMAPに解散報道が出たのは、1月。日刊スポーツが13日付で「SMAP解散   キムタク以外独立」と報じるなどした。その後、18日放送のレギュラー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に5人が生出演し、進行役をつとめた木村拓哉さんが「これから自分達は、何があっても前を向いて歩いていく」と、グループ存続をうかがわせる発言をし、騒動は一応の決着をみた、と当時は捉えられていた。ランキング1位の記事は、それから間もないタイミングで配信された。

   SMAP関連の他の4本は、2位「キムタクが『悪者』になりつつある   ファンが『SMAPを名乗るな』『応援しない』と厳しく批判」(1月28日)、18位「SMAP中居が手をつねっていた理由   『隠された本心』を心理学者が分析」(J-CASTヘルスケア、1月19日)、21位「(略)~『騒動渦中』中居・ベッキーの番組共演報道が物議」(1月24日)、22位「メリー副社長『中居が挨拶に来なかった』に非難相次ぐ   ネットでは解任求める署名運動始まる」(1月20日)だった。

   その後も様々な憶測報道が出るなか、結局、ジャニーズ事務所が8月14日未明、SMAPが12月末で解散すると発表。大晦日の紅白歌合戦がラストステージか、と注目を集めたが、ジャニーズ事務所が12月23日、出場辞退を公表、NHKがニュースで報じた。

ベッキー、LINE漏洩問題が5位に

   一方、5位に「ベッキー『不倫LINE』漏洩の状況証拠   川谷は古いアプリを使っていた?」(1月7日)が入ったベッキーさんは、「2本」が入った。もう1本は、SMAP(中居さん)と重なる「『頼むからベッキーをかばわないで』 『騒動渦中』中居・ベッキーの番組共演報道が物議」(1月24日)で、21位だった。

   ベッキーさんと人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカルで、当時妻帯者だった川谷絵音さんとの不倫騒動は、週刊文春のウェブ版が1月6日夕に報じた。ベッキーさんは同6日夜に緊急会見を開き、報道の一部は認めたものの、あくまで「友人関係」だと強調、不倫は否定した。

   しかし、その後、2人のLINE上のやりとりが、週刊文春に暴露され、文春の取材を受けたあとも、文春のことを「センテンス スプリング!」と表現するなど、2人のアツアツぶりをうかがわせるやりとりが注目を集めた。ベッキーさんの芸能活動は大打撃を受け、レギュラー降板が相次ぎ、テレビから姿を消した。

   その後、地上波には1度(5月)、収録番組で復帰するが、その後は単発の番組には出演したものの、本格復帰は年越しとなった(BS番組には復帰済)。12月には、復帰後初の地上波レギュラーとなるローカル番組「北海道からはじ○TV」(北海道文化放送)に17年1月から出演することが発表された。

高畑さん親子ら3組そろい踏みの記事も

   また、7位に「『僕は肉食系です』   高畑裕太が語っていた異常な性癖と母親依存」(8月24日)が入った高畑親子は、ベッキーさんを上回る3本がランクイン。他2本は、27位「母親に『息子の性欲は強いか』   高畑淳子謝罪会見クズ質問に批判殺到」(8月26日)、28位「NEWSファン『高畑裕太、何してくれてるねん』   『24時間テレビ』直前逮捕にブチ切れ」(8月23日)。

   高畑裕太さんは、8月23日に強姦致傷容疑で逮捕され、9月9日に不起訴となって釈放された。高畑さんの弁護士が出した、高畑さんに有利なコメントをめぐっては、その後被害者女性が、週刊現代(10月29日号)で反論するなど複雑な展開を見せる。母親の高畑淳子さんをめぐっては、サンケイスポーツ(ネット版)が12月19日、「高畑淳子、5カ月ぶりのテレビ復帰へ   来年1月レギュラー番組で仕事再開」と報じた。

   上記のJ-CAST記事以外では、23位の「もはや偶然とは思えない   『金スマ出演者』相次ぐスキャンダル」(8月24日)に、SMAP(中居さん)、ベッキーさん、高畑さん親子が3組とも、くだんの話題で触れられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中