高樹沙耶の作詞曲が流れた! 「はじめてのおつかい」挿入歌

印刷

   2016年10月に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された、元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告(53)の手がけた楽曲が、2017年1月9日、テレビ番組で流された。

   その曲は、1991年スタートの人気番組「はじめてのおつかい」(日本テレビ)の挿入歌、B.B.クィーンズの「しょげないでよBaby」。織田哲郎さんが作曲し、高樹容疑者が作詞したもので、その動向が注目されていた。

  • 「はじめてのおつかい」番組公式サイト
    「はじめてのおつかい」番組公式サイト

「まあ、楽曲に罪はないしなぁ」

   17年1月9日放送の「はじめてのおつかい」では、サッカー元日本代表の大久保嘉人選手の息子のシーンをはじめ、数回にわたって「しょげないでよBaby」がBGMとして流れた。

   高樹容疑者の逮捕で、もう聞けないのではと心配されていたこともあり、ツイッターには、

「まあ、楽曲に罪はないしなぁ」
「しょげないでよBABY使われてるじゃん!」
「好きな曲だけど、大人の事情で使われないかと思ったわ」

   などといった声が投稿されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中