釜山「慰安婦像」、大使帰国が深める泥沼 韓国政府の「弱腰」批判も

印刷

大量のお菓子や花が供えられ...

   このMBCの現地レポートが収録されたのは1月8日夕方。当時、韓国メディア数社に加えてJ-CASTニュースも取材していた。慰安婦像が設置されているのは総領事館の裏口に面した歩道。正面の入り口に面した道路の方が歩道の幅が狭いことが影響しているとみられる。

   像にはストールがかけられ、その上には大量のお菓子や花が供えられていた。設置から1週間以上経っているにもかかわらず、約30人が像の周りを取り囲み、中年女性が像にマフラーをかける様子を見守っていた。市民団体メンバーはスケッチブックのようなものを掲げて慰安婦問題をアピールしながら、通行人から署名を集めていた。見物人や市民団体メンバーは総じて穏やかな口調で、怒声などはあがらなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中