龍角散の「のど飴」が「とばっちり」 関係ないのに「ドーピング禁止薬物」扱い

印刷

「龍角散」に「ヒゲナミン」などは含まれていない

   こうした「のど飴」をめぐる新たな動きを受け、インターネットの掲示板やツイッターで、思わぬとばっちりを被ったのが、「ゴホン!といえば...」のキャッチコピーで知られる「龍角散」だ。同社からは「龍角散ののどすっきり飴」が発売されている。

   ネットでは、

「『南天』がドーピングに引っかかるので、『南天のど飴』に加えて『龍角散』や『浅田飴』もアスリートはNGになるのか...」
「『龍角散のど飴』効くのに、ドーピング扱いなんだ... スポーツ選手大変だな」
「1日5個『龍角散』舐めてるわたしはアスリートになれないのか......残念...」

といった感想が相次いでいる。

   こうした情報が拡散したきっかけは、第一生命グループ陸上部の長距離ランナー、上原美幸選手が2017年1月10日付のツイッターに「龍角散も禁止なったのは衝撃的」と綴ったこと(*末尾に追記あり)や、インターネットのまとめサイトが、「アスリートは、のどに効く『龍角散』『南天のど飴』などの服用が禁じられることに...」などと伝えたこと。11日になって、龍角散への問い合わせが相次いだほか、同日昼すぎにはアクセスが殺到して同社ホームページがダウンする騒動に発展した。

   J‐CASTニュースの11日の取材に、龍角散は「『龍角散ののどすっきり飴』に、『ヒゲナミン』も他の禁止薬物も含まれておりません」と、きっぱり否定した。

【1月12日昼追記】第一生命グループ陸上部の上原美幸選手は1月11日夜、自身のツイートが事実誤認であったことを認め、削除。そのうえで、「龍角散」とツイッターの読者らに対して謝罪する内容を投稿した。「龍角散のど飴」については、「子供のころから愛用している」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中