ワイドショーが「ネットで虐待批判」  鯉に酒飲ます神事の本当の評判

印刷

   コイにお酒を飲ませて厄払い放流する富山県砺波市の伝統行事について、テレビのワイドショーがネット上で批判も出ていると話題に取り上げた。出演者らは行事を中止にする必要はないと指摘したが、放送の影響も出ているようだ。

   「だいぶやばくね」「虐待にしか見えない」「アルハラじゃねーか」。テレビ朝日系「モーニングショー」は、2017年1月10日の放送で、この行事「厄払い鯉の放流」にネット上で批判の声が上がっていると伝えた。

  • コイに酒を飲ます神事がテレビに取り上げられ…(写真はイメージ)
    コイに酒を飲ます神事がテレビに取り上げられ…(写真はイメージ)

「伝統狩り」「窮屈な世の中」と理解の声は多い

   厄払い鯉の放流は、厄年を迎えた男女がコイの口にお神酒を注いで庄川に放流し厄払いをする神事で、7日に行われた。お供えしたコイが神事の後も生きていたことにあやかり、江戸時代後期に始まったとされる。

   この日は、男女11人が参加し、男性が手に取ったコイに女性がお酒を飲ませ、計4匹を放流した。

   モーニングショーでは、ネット上の批判に対し、主催者の庄川峡観光協同組合側の言い分を伝えるとともに、お酒はエラから出ていくのでコイに大きな影響はないとする魚類専門家の話を紹介した。そして、データ放送で視聴者アンケートを行ったところ、この行事を「理解できる」が3万6000件余で82%を占め、「やめるべき」は8000件余で18%になった。

   コメンテーターらからも「全然中止する必要はない」といった意見が出て、司会の羽鳥慎一さんは、「神事だから、感謝の気持ちを持って続けてもいいんじゃないか」とまとめていた。

   番組アンケートでも8割強が行事に理解を示している中で、ネット上では、そんなに批判が多いのだろうか。

   2ちゃんねるやツイッターなどを見ると、確かに行事に賛否両論が出ていた。「伝統狩り」「窮屈な世の中だね」「なんでも自粛してたらつまらない」などと行事に理解を示す向きは多い。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中