女装30歳男が「婚活相手」釣り放題 こんな悪ふざけは簡単?婚活アプリ担当者に聞いた

印刷

   結婚したい、恋人がほしい......そんな人たちに向け、ここ数年で急速に増えているのが「婚活アプリ」「恋活アプリ」だ。

   従来の「婚活サイト」や「出会い系サイト」との違いは、フェイスブックなどのSNSと連動させ、相手の確認ができることと、「婚活疲れ」に陥ることのないよう、気軽な利用ができる仕様になっていることだ。安心・安全を謳っているが、やはり、成り済ましは存在する。

  • 「女の子になりきって化粧して…」(写真はイメージ)
    「女の子になりきって化粧して…」(写真はイメージ)

「こいつら本当に誰でもいいんだな」

   2017年1月8日、掲示板「2ちゃんねる」に「女装して婚活アプリやった結果wwwwwwwwwwwwwwwww」というスレッドが立った。スレを立てたのは、婚活アプリの利用者はどんな人たちなのかを知りたくなった30歳の男性だという。フェイスブックの登録をし直すとともに、女装した写真をアップした。アプリの登録には手間取ったが、相手を募集すると、とんでもないことが待っていた。

「1日で200ハート頂いたんだ俺!俺、女に生まれてたら人生違ってたのかもな 」

と報告し、結婚に飢えたアラサーのおっさんどもは女装していることに気付かなかった、と大笑いした。その女装写真はモノマネ芸人の清水ミチコさん似なのだという。写真を見た人たちは、

「これで200人か 。こいつら本当に誰でもいいんだな」
「ゴリラじゃねぇかぁぁぁ!」
「俺なら500人いけそう」

などと書き込んだ。結婚相手に応募してきた男性達にその後どう対応したのかの報告は無く、ただの自慢でスレは終了している。

   しかし、「婚活アプリ」「恋活アプリ」は安心・安全ではなかったのか。J-CASTニュースは17年1月12日、あるアプリ運営大手に話を聞いてみた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中