採用で落ちた会社から再面接通知 「行かぬが吉」説もあるが...

印刷

   就職試験で、一たん「不採用」の通知を受けた人に、再度「採用面接を受けませんか」と連絡があるケースがあるようで、インターネットで話題になっている。

   「就職は縁」ともいわれるが、新卒採用の場合は大学3年生で就職活動を開始。内定をもらっても、4年生の卒業ギリギリまで頑張り続ける人もいる。一方の企業側も、人手不足に悩んではいるものの、「いい人材」を採用したい。そんなこともあり、企業が就職試験を再度呼びかけるケースは、まま見受けられるようだ。

  • 就職試験で「不採用」の通知を受けた企業から、再度「面接に来て」といわれたら・・・
    就職試験で「不採用」の通知を受けた企業から、再度「面接に来て」といわれたら・・・

「補欠合格」のようなもの

   「不採用通知後の再面接の誘い」のケースについて、大学生の就活に詳しい大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に2017年1月12日に話を聞くと、「そういったケースは昔からありますね。最終選考に残った学生は、企業がほしい学生であることは間違いありません。ボーダーライン上の人で、内定辞退などがあった場合などに声をかけることがあります」と話す。いわば、「補欠合格」のようなものらしい。

   最近の学生の傾向として、「就職することを大前提に、たとえば第一志望のマスコミがダメなら、次に商社、その次はメーカーといった具合に、就活中に志望する企業がどんどん変わっていきます。そこに第一志望のマスコミから『再チャレンジしてみない』と声がかかれば、他社から内定をもらっていても、受け直す人はいるでしょう」という。

   学生の「売り手市場」であることも手伝って、企業が「再チャレンジ」を促すケースは増えているとみている。

   そうしたなか、インターネットのまとめブログで、「不採用通知来た企業からまた面接来てほしいって言われたんだが・・・」との、書き込み(1月11日付)が話題になっている。

   書き込んだ主は、転職のため、その企業の中途採用の試験を受けたようで、「不採用」の通知があったのは2016年9月のこと。転職サイトからの申し込みだったようで、「また面接に来てほしい」との知らせは、「転職サイト経由じゃなくて、個人的にメールが来た」と明かしている。

   寄せられたコメントには、

「これってなに? また募集かければいいことじゃないの??」
「ギリギリ不採用だったんだよ。繰り上げ当選w」
「行かぬが吉だよ。考えてみろよ、キープくん扱いなんだよ」
「まぁ普通に考えたら他に採用したヤツがすぐに辞めたんだろな... お前さえよければいいんじゃないの」

などとあり、さまざまな意見で盛り上がっている。書き込み主は結局、次の転職先を決めて、すでに働いているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中