千代田区長選、与謝野・元財務相のおいが出馬表明 小池知事は「とても自民党的な選び方」

印刷

   与謝野馨(かおる)元財務相(78)のおいで会社員の与謝野信氏(41)は2017年1月13日に記者会見を開き、任期満了に伴う東京都の千代田区長選に無所属で立候補する意向を表明した。自民党都連から推薦を受ける。

   1月29日告示、2月5日投開票の千代田区長選では、小池百合子都知事が支援する現職の石川雅己区長(75)がすでに立候補を表明している。

   対立が続く小池知事と自民党都連の関係から、同区長選は17年夏の都議選の「前哨戦」との注目も集めている。こうした見方について、小池知事は13日午後の定例会見で、

「私が進めていく東京大改革に対して、1つの占いになるかもしれないと思っている」

と話した。自民都連が与謝野馨氏のおいを推薦した点については、「とても自民党的な選び方というのが率直な感想」と皮肉った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中